India.com Mail - 概要

India@india.com

インドのポータルサイトIndia.comが提供するメールサービス。IMAP,POP,SMTP に対応しています。2010年のスタートから長い間懸念事項だった通信の暗号化には、2016年に Webサーバー、メールサーバーとも SSL に対応されました。

同じインドのRediffmailと比較すると人気は劣るものの Email は多機能で優れています。

Webメールは、フォルダーで管理するスタンダードなもので英語とインドの 4言語のみ対応。タイムラグが生じ少しストレスを感じた速度に関しても、新バージョンで CDN が使われるように改善され、スムーズに動作するようになりました。

ストレージは 10GB から必要に応じて無制限。広告表示は、いっそのことなしにしてもいいのではと思うほど少なく、送受信したメッセージには、ウェブメール、メールソフトとも広告は付きません。

SSL証明書の更新忘れなど大雑把なところがあり、信頼性は疑わしい。とはいえ広告やトラッキングが多すぎる日本のフリーメールを使うよりは、よっぽど良いというのが総括です。

メールのページはログイン画面しか表示されないため、アイコンのリンクは HP にしてあります。

良い点

  • 容量無制限。
  • メッセージのドラッグ、ドロップに対応。
  • POP に加えて IMAP の他のアカウントも管理できる。

悪い点

  • リンク切れなど未整備なところがある。
  • 横 1366px の固定幅なので画面を狭めると見えない部分がある。
  • 設定が正しく機能しないところがある

機能詳細

基本機能IMAP、POP3、SMTPメールクライアントの設定方法
拡張機能他POP3、IMAP受信、自動転送、自動振り分け、迷惑メールフィルタ、受信拒否、署名、自動返信、メール検索、連絡先のインポート・エクスポート、WEBデザインの変更、モバイル版。
追加の機能アドレス帳、カレンダー、タスク。
容量制限10㎇ から必要に応じて無制限。添付ファイルは 50㎆ まで。
アカウント期限12ヶ月。
セキュリティHTTPS、外部コンテンツブロック。
ドメイン新規は @india.com のみ。(zmail.com ,timepass.com ,imail.com ,tadka.com ,indiawrites.com ,dvaar.com ,takdhinadhin.com)
関連リンク

機能補足

広告の有無
メール画面WEB送信SMTP送信
付く付かない付かない
IPアドレス
WEB送信SMTP送信
付かない付く

広告は本文を表示した時のみ右サイドへ表示。小さくはないが目立たない。

Webメールの送信ヘッダは非常に簡素で、ユーザーの IP は追加されません。

メール転送はメール受信による認証が必要。

日本からの利用は、India.com が日本、Webメールとメールサーバーはドイツに接続されます。

日本の都市も選択肢にあり、正規にアカウントを取得できます。

www.india.com は Akamai CDN、mail.india.com は GMX のプロバイダの 1&1 の CDN が使われています。

他メールの POP3、IMAP からの代理受信は正常に動作するようになりました。

メール検索は日本語もマッチします。

迷惑メールフィルタは自動振り分けとは別に実装され無効にできません。

迷惑メールを手動でJunkmail folderに移動すると次回からフィルタリングされるはずですが、動作を確認できません。

拡張アドレスの+(プラス).(ドット)と-(ハイフン)は全て使用不可。

Indiacom.com は別のサービスです。

インド人の女性 vector svg
インド人をキレイに!!

セキュリティ技術

SSL Server Test の結果はA+(mail.india.com)

アルファSSL

認証局は GlobalSign svg vector icon GlobalSign のセカンドブランドの AlphaSSL

2018年3月8日(UTC)まで COMODO CA Limited、2018年3月12日(UTC)から AlphaSSL に切り替わりました。間隔が空いているのは証明書の更新を忘れたためで、その間 India.com の Email は利用できなくなりました。

ポータルサイトとしてのIndia.comは SSL に未対応。

ウェブメールはScoreCard Research BeaconとGoogle Analyticsによるトラッキングあり。

India.com Mail の匿名性

India.com Mail のブラウザからのメール送信はシンプルな構造でIPアドレスなどのアカウントに関する情報をほとんど漏らしません。

フィルターの厳しい Yahoo!Mail へ送信した時のヘッダー情報

India.com Mail から送信

Date: Thu, 03 Jan 2013 23:14:14 +0900
From: "名前" <Instance@imail.com>
To: example@yahoo.se
Message-ID: <111111111.222222.3333333333333.JavaMail.tomcat@be12>
Subject: =?utf-8?B?dGVzdCDpgIHkv6E=?=
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset=UTF-8
Content-Transfer-Encoding: base64
X-Priority: 3
X-Mailer: zMail Mailer (beta)

Yahoo.se で受信した結果

From 名前 Thu Jan 3 14:14:14 2013
X-Apparently-To: example@yahoo.se via 188.125.83.155; Thu, 03 Jan 2013 14:14:15 +0000
Return-Path: <Instance@imail.com>
Received-SPF: pass (domain of imail.com designates 212.227.218.33 as permitted sender)
X-YMailISG: 長い文字列
X-Originating-IP: [212.227.218.33]
Authentication-Results: mta1047.mail.ukl.yahoo.com from=imail.com; domainkeys=neutral (no sig); from=imail.com; dkim=neutral (no sig)
Received: from 127.0.0.1 (EHLO smtp02.zmail.com) (212.227.218.33)
by mta1047.mail.ukl.yahoo.com with SMTP; Thu, 03 Jan 2013 14:14:15 +0000
Date: Thu, 3 Jan 2013 14:14:14 +0000 (UTC)
From: "名前" <Instance@imail.com>
To: example@yahoo.se
Message-ID: <111111111.222222.3333333333333.JavaMail.tomcat@be12>
Subject: =?UTF-8?Q?test_=E9=80=81=E4=BF=A1?=
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset=UTF-8
Content-Transfer-Encoding: base64
X-Priority: 3
X-Mailer: zMail Mailer (beta)
Content-Length: 13

[212.227.218.33] (smtp02.zmail.com)は、India.comのWebメーラーの送信サーバーでイギリスにあります。
[188.125.83.155] (web171516.mail.ir2.yahoo.com)は、Yahoo!のサーバーでアイルランドにあります。

メールソフトは、独自にIPやコンピューター名を追加する場合があるることにも注意してください。

他に、Disroot.org や Net-C も、X-Originating-IP をマスクします。

アカウントのキャンセル

アカウントの削除 は、メール画面左下の⚙️Settings

Account の Delete Account からパスワードを入力します。

パスワードの変更、秘密の質問の変更、アカウントの削除のメニューのみ、上段のアクションバーに出現します。

India.com SVG ベクターロゴ 挿絵
Penske Media Corporation SVG vector Logo