Mail.com - Privacy

Mail.com の匿名性

エイリアス(メイン以外のメールアドレス)での送信は、GMX 同様にWebメールがアップデートされ、ログイン メールアドレスが洩れるようなことはなくなりました。現在は、IPアドレスのみ追加されます。 (記: )

Received: from [○.○.○.○] by xxxxx-mailcom-xxxx.server.lan (via HTTP);

From:Return-Path:smtp.mailfromには、送信したメールアドレス(エイリアス)のみ記載されています。そのほかに@mail.comの情報はありません。

その結果、Mail.com の別名アドレスは問題なく使えるようになりました。

Mail.comのエイリアスでの送信には、Vivaldi Web mailElude.inもおすすめです。IPアドレスのマスクはもちろん、完璧に代理送信します。

以前の Mail.com のWebメールのヘッダー情報の例

以下は以前の送信ヘッダーの情報です。

mailclient 6.73.3.0 (6.73.1.0)

以前のMail.com のエイリアス送信ヘッダのアカウント情報

Received:
from IPアドレス by rms-us004.v300.gmx.net with HTTP
X-Authenticated:
#9桁の数値
X-Mailer:
GMX.com Web Mailer
X-GMX-UID:
32桁の英数字
MailID:
32桁の英数字

X-GMX-UIDとMailIDの独自ヘッダーのデータは同じ。
同じエイリアス、近い時間で送信すると別の送信メールでも同じになる場合があります。

以前の受信側で確認できたMail.comのアカウント情報

Authentication-Results:
smtp.mailfrom=デフォルトのメールアドレス;
Received:
from IPアドレス by rms-us004.v300.gmx.net with HTTP
X-Mailer:
GMX.com Web Mailer
X-GMX-UID:
32桁の英数字
Return-Path:
デフォルトのメールアドレス
メール コム SVG ロゴ
Mail.com SVG Vector Icon Logo