Yahoo! Mail - 概要

Yahoo@yahoo.com
nsa入ってる

世界のYahoo!IMAP ,POP ,SMTP。容量は 1TB。その国ごとに独自のドメインが用意されています。 世界中に展開するサービスのため、セキュリティには特に気をつかっていて、様々な機能や対策がされていますし、スパムメール対策においては先駆者でもあります。

しかし昨今様々な変更が加えられ、登録に携帯番号の入力が必要になり、インターフェイスや設定は使いにくくなり、何よりアカウントが無効になる可能性が高まり、安心して利用できなくなりました。

予定通りまた、何度か大規模な情報流出を経験していますが、日頃 Yahoo!Mail を使っているユーザーなら「さもありなん」程度の認識。想定の範囲内で、そもそも重要な情報は預けていないでしょう。

ただし、特徴的な機能の、500アドレスまで登録できる、Disposable Addresses(使い捨てアドレス)は素晴らしく、エイリアスとして非常に利用価値が高く、様々な局面で活躍します。

良いところが、+150点だとすると、良くない点が、-200点といった塩梅で、強力な機能は使えるけれど通常使用にはあまり向かず、ツールとして1つは欲しいですが、率先して積極的に利用する程ではないでしょう。

アイコンの HP のリンクはログイン画面しか表示されませんが、公式の概要ページも用意されています。

良い点

  • 容量が1TBもある。
  • Disposable Addresses の利便性が非常に高く、登録用のアドレスとして完璧。
  • Flickr 等、他の Yahoo! のサービスも使えるようになる。

悪い点

  • 日本語のインターフェイスやヘルプがない。英語のヘルプも内容が薄い。
  • Webメールの動作が重い。また未対応のブラウザではメールを閲覧する事すらできない。
  • 様々なセキュリティやスパム対策の機能により、ヘッダのサイズが非常に大きい。
  • 代理送信の類いは、SPF(なりすまし拒否)が厳しく、受信できない確率が高い。
  • 内部処理に時間が掛かるためか転送速度が水準よりかなり遅い。
  • 追加の連絡先情報を入力しない限り、代替のメールアドレスを削除できないというセキュリティ上の欠陥がある。
  • 過去に30億件ものパスワードを流出させたとされており、海外の評判はすごぶる悪い。
  • Outlook程ではないが、名指しで使用禁止になっているところもある。

機能詳細

基本機能IMAP、POP3、SMTP
拡張機能代理送信、他POP3受信、自動振り分け、自動転送、自動返信、迷惑メールフィルタ、署名、受信拒否、メール検索、キーボードショートカット、連絡先のインポート、SMS、テーマの変更、エイリアス、モバイル版。
追加の機能アドレス帳、メッセンジャー、カレンダーなど多数。
容量制限保存容量は1TB。送受信は1通あたり最大25MB。一日の送受信量は制限があるが非公開。
アカウント期限12ヶ月未利用でアカウント無効。
以前はメールクライアントでの利用はログインとはみなされませんでしたが、2017年6月現在は、using any deviceへ変更されています。
セキュリティHTTPS接続、外部コンテンツブロック、2段階認証、アクセスログ、ウィルススキャン、危険なファイル形式をブロック、DKIM、SPF、DMARC。
スマホアプリ

その他OpenID。多くのエンコード形式に対応している。
ドメイン

@yahoo.com@yahoo.co.uk その他 各国ごとに用意されています。アカウント取得画面の右上のプルダウンメニューより国を選択できます。独自の取得可能なドメインについては別表にまとめました。世界のYahoo!Mail

関連リンク

New York TimesにYahoo! Inc.のカテゴリがあり、最新ニュースを閲覧可能。

Oath - Build brands people love

YahooはAol同様にVerizon CommunicationsのOathの一員になりました

機能補足

アカウント取得時の携帯番号は認証がないので適当な数字でも通るが、後々詰んでしまう可能性がある。ログイン時に連絡先のメールアドレスにセキュリティコードを送付され、そのアドレスにアクセスできないと詰み。秘密の質問をたずねられ、答えられないと詰み。永遠にログインできない

以前に登録した連絡先情報のないアカウントは、ログインの度にセキュリティ情報の入力を促されるが、上述のように、うかつに登録してしまうとログインできなくなる可能性が高まる。

Tor や VPN、Proxy からのアカウントの作成と利用はできないことはないが、基本的にロックされる仕様で、時々何らかの制限が掛かる。少なくともTor Friendlyではない

サポートするブラウザも制限が厳しく、可能な限り最新版にしておく必要がある。JavaScriptは必須。Internet Explorerはサポート外

ブラウザを変えただけでも認証が必要になることがあり、広告ブロック機能とも相性がよくない。

迷惑メールフィルタは無効にできない。SpamGuardは機械学習される。

送受信とも添付ファイルは、norton antivirus iconノートンアンチウイルスでスキャンされる

自動返信は期間内の全ての送信者が対象。ドメインごとに返信メッセージを設定できる。期間は最大5年。

受信拒否はアドレス指定とドメイン指定。送信者には未達のメッセージは送信されず、ごみ箱へも配達されない。

自動転送は、POP3 機能と排他から自由に設定できるように改良された。

A+SSL Report:mail.yahoo.com

DigiCert SHA2 High Assurance Server CA

エイリアスと代理送信

Disposable Address は、500 アドレスまで登録可能。Yahoo! JAPANセーフティアドレスは、10アドレスまでなので大きな差があるが、設定画面からは全体を把握しにくく使いにくいため、現実的には 10~20 アドレス程度までの利用に留まる。

ログインアドレスと全く同じ権限を持つ、Extra addressを1つ作成して所有できる。

Extra address でもログイン可能。Disposable Address ではログインできない。

拡張アドレスのエイリアスは、+(プラス).(ドット)共に利用不可。

代理送信は POP3 代理受信の設定から送信のみを選択する。POP3 代理受信を設定したアドレスは自動的に連絡用のメールアドレスに登録される。

代理送信は Ymail のサーバーからのみ。他 SMTP は使わないので送信者偽装に近く、認証後どんなメールでも送信可能。

広告

ウェブメールの広告はワンクリックで非表示にできるが、画面が切り替わると再表示されるので、あまり使う意味がない。

広告の有無
メール画面WEB送信SMTP送信
付く付かない付かない

有料プランは、広告の付かない、Yahoo Mail Pro が用意されている。

他のクラウドサービスとの連携

Yahoo!Mail は広く使われているため、他の多くのサービスにログインできる。

Zoho Mail は、Yahoo! アカウントを OpenID としてログインできる。

Dropbox と連携して150MB までのファイルを添付できる。(Dropboxヘルプ

ただ、連携はともかく、Yahoo! アカウントは無効になる確率が比較的大きく、OpenID として使うほど信用できない。使うなら、メールアドレスやモバイルナンバーで保険を掛けておきたい。

Flickr SVG IconTumblr SVG IconTumblrは Yahoo! のブログサービスではあるが、別途アカウントが必要。画像共有サービスのFlickrは Yahoo! アカウントで利用可能。逆にいうと Flickr を利用するには、必ず Yahoo! アカウントへの登録が必要。

Flickr開始時に Yahoo! メールアドレスがデフォルトで公開状態になっている。Your privacy settingsから、Email addressNobodyにすると非公開にできる。
Flickrのプライバシーの設定画面

もう一つ、Screen name を設定しないとメールアドレスが流用され、プロフィールページに表示される。Change your screen nameより設定できる。変更は5回まで。
FlickrのScreen nameの変更画面

アカウントのキャンセル

Account Deletion page

メール画面からは、Account infoTerminating your Yahoo account.

アカウントが削除されると、データは関連付けの解除だけでなく全て削除されます。

Yahoo!で1994年から1995年まで使われたロゴです。ベクトルデータのSVGによる挿絵です。
Yahoo! ロゴ 1994~1995年