Elude.in - メールクライアントの設定

概要 クライアントの設定

Elude サーバーの情報

Eludeの設定
プロトコルサーバー名ポートポート (SSL)
IMAPeludemaillhqfkh5.onion143143、993
POP3eludemaillhqfkh5.onion110110、995
SMTPeludemaillhqfkh5.onion2525、465、587

ヘルプには 2種類の解説があり、メールソフトの一般的な設定Thunderbird の設定方法では、内容が異なっています。前者は暗号化、後者は非暗号化通信ですが、非暗号化では動作しないのを確認しています。

メールクライアントの設定

Tor に接続できていることを前提に解説します。Mail2Tor のページで、Advanced Onion Routerから、Tor を利用する方法を解説しています。

標準ポートは、Tor ブラウザーが、9150、AdvORは、9050を指定します。

Sylpheed の設定例

Sylpheed はアカウントごとにプロキシの設定ができるので、Tor Mail を使う際に重宝します。

ユーザID は、ドメインを含めます。

プロキシの設定

最も重要なプロキシサーバーの設定。Elude は必ず Tor で接続します。

基本(サーバーの設定)

IMAP4

eludemaillhqfkh5.onion143STARTTLS通常
eludemaillhqfkh5.onion993TLS通常

POP3

eludemaillhqfkh5.onion110STARTTLS通常
eludemaillhqfkh5.onion995TLS通常

SMTP

eludemaillhqfkh5.onion143STARTTLS通常
eludemaillhqfkh5.onion25STARTTLS通常
eludemaillhqfkh5.onion587TLS通常

送信タブ(SMTP送信の設定)

SMTP認証をチェックして、ユーザIDパスワードを空欄にします。

SSL の設定

基本タブで設定した、IMAP、POP3、SMTPの暗号方式をSTARTTLSSSLのどちらかから選択します。

ヘルプに記載されている、IMAP ポート 143 の非暗号化受信、SMTP ポート 25 の非暗号化送信は、動作しないことを確認しています。

非ブロッキングSSLを使用する はオフにします。

ポートの確認

高度の設定タブを確認して、ポートが設定と異なっていたら修正しておきます。

自己署名証明書の許可

最初に接続した時に、SSL 証明書の警告が表示されるので、常に受け入れる一時的に受け入れるを選択します。

Elude.in SVGベクターロゴ
Elude.in SVG Vector Drop shadow logo