Net-C - メールクライアントの設定

概要 クライアントの設定

Net-Cのサーバー情報

Net-Cの設定
プロトコルサーバー名ポートポート (SSL)
IMAPmail.net-c.com-143 ,993
POP3mail.net-c.com-110 ,995
SMTPmail.net-c.com-465 ,587

SMTPは認証が必要です。

POP3は有料プラン専用です。

サーバー情報は、ウェブメールにログイン後、設定のSynchronizationに確認できます。

メールクライアントの設定

Thunderbirdの設定例

Thunderbirdのウィザードに従えば、自動的に正しく設定されます。

IMAP(受信サーバー)の設定

Net-CサンダーバードのIMAPサーバー設定。
mail.net-c.com993SSL/TLS通常
mail.net-c.com143STARTTLS通常

IMAP フォルダー

IMAPフォルダーの仕様は、特殊なので順を追って解説します。

設定直後のIMAPフォルダーの状態
Net-CサンダーバードのIMAPサーバー設定。

図のように購読設定します
Net-CサンダーバードのIMAPサーバー設定。

Thunderbirdへ設定する前に、3の手順を実行しておくとスムーズです。

  1. IMAPフォルダーのSent, Trash (先頭が大文字)は、Thunderbirdが設定過程で作成したフォルダーなので購読のチェックをはずします。

  2. 下の小文字のsent, trashをセレクト。アカウントの設定からそれぞれを明確にフォルダーを指定します。設定してもフォルダーが選択されない場合は取りあえずそのままにしておきます。作業完了後に正しく設定されます。もし正しくなければその時に指定します。

  3. 下書きスパムフォルダー初めてメールが格納された時に出現します。ウェブメールへログインして、何かのメールを、メニューのmoveボタンから移動します。

  4. Thunderbirdへ戻り、Net-Cアカウントを右クリックして購読。フォルダー名も特殊で、draftboxが下書きフォルダー、unsolboxがスパムフォルダーです。こちらは、場所を指定しなくとも正しく認識されます。

    ウェブメール上では、draftboxDraftsunsolboxSpamです。IMAP受信のみ特殊なフォルダー名になっています。

  5. ウェブメールからスパムフォルダーへ格納したメールは自動的にフィルターの対象になるので作業後は戻しておきます。

Inboxにぶら下がっているフォルダー群は、他メールを受信設定したメールが格納されます。

POP3(受信サーバー)の設定

POP3受信は有料プラン専用です。

mail.net-c.com995SSL/TLS通常

SMTP(送信サーバー)の設定

認証は、メールアドレス全体を入力します。

netc-サンダーバードのSMTPサーバー設定。
mail.net-c.com465SSL/TLS通常
mail.net-c.com587STARTTLS通常

WebDAV

Virtual Diskは、500MB用意されています。

https://disk.net-c.com/

ユーザー名にはドメインも含めます。

ポートを指定する場合はPort:443にします。
https://disk.net-c.com:443/

必要事項を入力して、Testをクリックすれば、CarotDAVが自動で設定してくれます。

FTP

非常にめずらしいFTPでのアクセスが可能です。

disk.net-c.com

ポートを指定する場合はPort:21にします。

ブラウザから接続するftp://○○○○○@netc.eu@disk.net-c.com/

net-c ,mail object svg vector logo
Mail Object svg vector logo