SIGAINT - 概要

概要

SIGAINTは、2017年2月11日に終了しました。

SIGAINTはTorネットワークの中にサーバーのある、Tor Hidden Service。通常の接続からも利用できますが、基本はTorで接続するフリーウェブメールです。

メインのonionサーバーの場所はシークレット。Webサイトのページはシンガポールのサーバーが使われています。

サイトのトップページは、あやしげな雰囲気を漂わせていますが、ポッと出のサービスではなく、そこそこ有名で実績があり、バリバリにメールデータをため込んでいる有料ユーザーも多く抱えていて信用されるメールサービスです。

Webメールソフトは、JavaScriptなしで動作するSquirrelMail日本語表示も可能。ただし、日本語の表示にするかしないかに関わらず、日本語の扱いはバグらしき動作がみられます。

ログインと送信に画像認証が必要なため、いつも使うメールにするのは難しそう。登録用など、必要な時のみポイントを絞って受信を主にして使うのがおすすめ。Mail2Torも検討してください。

良い点

  • Tor Hidden Service。
  • onion メールアドレス。
  • アカウント取得に必要なものがない。

悪い点

機能詳細

基本機能WebMail専用。
拡張機能メール検索、署名、メールエクスポート。
追加の機能アドレス帳。
容量制限50MB。1通あたり5MBまで。
アカウント期限1年
セキュリティHTTPS接続。
ドメイン@sigaint.org@sigaintevyh2rzvw.onion

機能補足

ユーザー名は、3 ~ 15文字。

アカウント作成に認証コードの入力が必要。ログインと送信にも必要。

POP3、IMAP、SMTPは、Proアカウントのみ。

+(プラス)を使った拡張アドレスの利用が可能。.(ドット記号)は不可。

代理送信は同じSquirrelMailでも、DerpyMailMail2Torと違い、Personal Information(個人情報)のE-mail Addressが固定されているため使用できません。

SquirrelMailのメールを読むにはSubject(件名)をクリックします。件名がない場合は、(no subject)という件名が表示されます。

日本語の表示にするには。Options → Display Preferences → LanguageからJapaneseを選択してセーブします。

日本語の検索はどちらの表示でも常にマッチします。

日本語での利用の不具合

日本語の表示にすると、受信メールの件名や本文の日本語の部分のみスッポリ表示されなくなります。

そのため、受信したメールの件名が日本語のみだと、Subjectが表示されず本文の内容を読むことができません。

データ自体は存在するので、その場合、表示をEnglishに戻すと内容を閲覧できます。またエクスポートでも読めます。

これは英語のインターフェイスで利用すれば問題ないようにみえます。ところが、逆に送信は日本語表示で送信しないと受信側で日本語の文字化けが発生して読めなくなります。

受信メールを読む時は英語表示に、送信する時は日本語表示に設定します。

英文のやり取りだけなら不都合がないため、これが日本語ユーザーには向いていないとした理由です。

SIGAINT ロゴ
SIGAINT SVG Vector Icon Logo