Mail2Tor - 概要

Tor Projectの SVGベクターロゴ 挿絵

メイルトゥトーアは、Torネットワーク内で運営しているTor Hidden Service。通信元の秘匿を主眼に置いたフリーメールサービスでTorからの利用しかできない

Webメールの他に.onionドメインのIMAPとSMTPの秘匿サーバが用意されており、メールクライアントから送受信ができます。

通常のTorでの接続と異なり出口ノードからの接続ではないので、より秘匿性が高い。現在は最小の機能しか持ちませんが、今後拡張される予定です。

メールソフトでの利用は環境を整える必要があり、少し知識と手間が必要ですが、WebメールはTorブラウザを実行するだけなので誰でも簡単に利用できます。

他のEメールのCockmailProtonMailは、Tor Hidden Serviceと通常の接続の選択ができ、もう少し柔軟に使用できます。その代わりクライアント用の秘匿サーバは用意されていないので、目的に応じて選択するとよいでしょう。

また、2017年にスタートした、Elude.inは、実績が少ないものの優れています。文字化けしない多機能のTor Mailであり、こちらもおすすめです。

良い点

  • アカウント登録に際し必要な個人情報がない。
  • 1文字のローカルネームの選択が可能。
  • .onionドメインのIMAPとSMTPを使える。
    Thunderbirdからの使い方

悪い点

  • 最小限の機能しか持たない。
  • Torを使える環境が必要。
  • 時々サーバーダウン。
  • 時々接続が途切れる。
  • フィルターのプラグインの除外の為、自動振り分け、受信拒否の類いは全て不可。

機能詳細

基本機能IMAP ,SMTP
拡張機能代理送信、署名、メール検索、テーマの変更。
追加の機能アドレス帳。
容量制限添付ファイル2MB。
ドメイン@mail2tor.com

機能補足

tor browser iconTorへの接続にはTor Browserを利用するのが最も簡単です。匿名性を維持できるよう設計されています。インストール後、mail2tor2zyjdctd.onionにアクセスします。

その他に、Advanced Onion Routerやスマホ用の、Onion Browser(iPhone, iPad)やOrfox(Android) からTorネットワークに接続できます。

WebメールはオープンソースでフリーウェアのSquirrelMail。更新が停止してから期間を置いて機能も少なめですが、JavaScriptなしで安定した動作をします。ただ、英語以外の言語はCharsetの扱いを間違えて、送受信共よく文字化けが発生します

文字化けした受信メールは、適当なテキストエディターからエンコードを指定すれば読む事はできます。

SquirrelMailからの送信は、charset=iso-8859-1固定。メールソフトを使うとCharsetを指定できるので、日本語を扱うならSMTP送信がおすすめです。

SquirrelMailのログインは、ドメイン名まで入力します。○○○@mail2tor.com

502 Bad Gatewayのエラーが時々発生します。ページを更新して改善しないなら、再ログインします。

拡張アドレスの+(プラス).(ドット)は共に使用不可です。

info+tamanegi@mail2tor.com info@mail2tor.com
in.fo@mail2tor.com info@mail2tor.com

※ゲートウェイという言葉は使う場所により色々な意味に使われますが、Torゲートウェイとは、Tor Hidden ServiceをTorでなくても利用や閲覧ができる代替ページを指します。プロキシのように機能してTorへ接続します。

Clearnetという言葉は、Tor以外の通常のWebを指します。Tor Hidden Serviceでないことを強調や区別する時に使われます。

Mail2TorのClearnetのサーバーは、DDos攻撃を受けたり然るべき機関に召し上げられて時々アクセスできなくなりますが、メール機能本体はTorにあるので影響を受けません。

Mail2TorのGatewayは、Google検索にヒットして通常のブラウザからも閲覧できます。どのようなサイトなのか雰囲気を覗いてみるくらいは構いませんが、安全ではないので、Gatewayからアカウントを作成したりメールにログインしないでください

代理送信

他のメールアドレスの代理送信は優秀で、全く本来のアドレスを漏らさない上にIPも不定です。少し分かりにくいので設定方法を解説します。

  1. OptionsPersonal Information

  2. 真ん中やや上の、Edit Advanced Identitiesをクリックします。上下2つIdentityを登録場所が見えます。

  3. 上段のDefault IdentityE-Mail Address へ本来の@mail2tor.comのメールアドレスを入力して、下段のSaveから保存します。 (これをやらないと元のアドレスで送信できなくなってしまう)

  4. Add a New Identityへ代理したいメールアドレスを入力して同じくSaveするとAlternate Identity 1として登録されます。認証もないので、まったくの思いつきのメールアドレスを設定する事も可能です。

    図では、@mail2tor.comを追加しましたが、@gmail.comなどでもO.Kです。

  5. Composeから新規作成するときに、From欄のメールアドレスを選択変更できます。
    Mail2Torの新規メール作成画面

メールアドレスはいくつでも追加できます。

追加したメールアドレスは送信専用で受信はできません

送信制限の厳しい、VFEmail広告が付くフリーメールの代わりに送信することもできます。Torブラウザがスタンバイするまでの時間がネックですが、差し引いても完璧に代理送信できる魅力は大きい。

アカウントのキャンセル

アカウントの削除は、SquirrelMailにログインする前のMail2TorのHPよりできます。上段右のDeactivateメニューから、パスワードを入力、画像認証後、送信で削除されます。

Mail2Tor アカウントの削除
Mail2tor SVG ベクターロゴ
Mail2or SVG Logo