ADrive

Backup & File Sharing

ADriveの無料プランは2015年11月16日に終了しました。

エードライブ は2007年設立のアメリカのオンラインストレージ。50GBの大容量と最大ファイルサイズ2GBが特徴。

同種のサービスの中では老舗になります。当初から他を圧倒した大容量で一定の人気がありました。

アプリケーションは有料版のみとモバイルの広告付の物のみ。
ブラウザからの利用は、My Filesの画面には結構大きい広告が出ますが、ダブルクリックやドラッグ、ドロップが使え、エクスプローラと同等な操作が可能で、日本語は非対応ながら使い方は至って簡単。複数のフォルダーとファイルのダウンロードにも対応しています。

インターフェースと転送のスピードはかなり遅かったのですが、2014年3月5日に刷新され随分改善されました。以前にこれを理由に使用を断念された方も再度確認してみる価値はあると思います。
特徴を考えると、長期間利用予定のないファイルのバックアップに向いているかもしれません。

代わりにおすすめ : MEGA

アウトライン
保存容量50 GB
最大ファイルサイズ2 GBFAQ
帯域制限なしWe do not limit your transfer speeds
ファイル共有ダウンロードページへのリンク。フォルダーは不可。
FTP×Premium and Business users only
WebDAV×有料のみ。
ダイレクト リンク×
リモート アップロード
世代管理×
ファイルの暗号化×有料プランも× (User Forum or 要ログイン)
END-to-END Encryption×
対応プラットホーム
OS有料プランのみWindows ,Mac ,Linux
モバイル広告付iOS ,Android
アカウント有効期限なしADrive FAQ
2段階認証×
紹介制度×
容量無制限プランなしBusinessプランのみ。ADrive プランの比較
サービス開始About Us
API×
ベクトルデータによるエードライブのSVGロゴです。挿絵として使用しています。
ウェブ インターフェース
日本語表示×
Drag & Dropアップロードは専用画面からのみ。
右クリックメニュー
フォルダーのアップロードJava をインストールした場合。
フォルダーのダウンロードzip形式。
一括アップロードフォルダーとファイルは別々に行う必要がある。
一括ダウンロードzip形式。フォルダーも可。
検索機能日本語も可。3文字以上、日本語も1文字扱い。
通信の暗号化×有料プランのみ。
対応ブラウザAll Modern Browsers 

フリーアカウントの取得

新規アカウントの取得

Personal Basic (FREE 50GB)の新規登録はできなくなりました。

Personal Basicを利用するには、まずPersonal PremiumのFREE 60-Day Trialで登録、トライアル期間終了後、ダウングレードします。 Trialの登録にはクレジットカード等のお支払い情報の入力は必要ありません。

多くの方に有料プランの快適さを確認して欲しいという意向から登録方法が変更されました。

ファイル共有

共有ファイルのリンク先は、ボタンをクリックすることなく、即時にダウンロード ダイアログが表示されます。ダイレクトリンクとダウンロードページの中間のような感じです。<img src="">での貼り付けは不可です。共有ファイルのリンク先は30秒のDelayが掛かるようになりました。

ファイルのダウンロードされた回数の確認もできます。ただリアルタイムに更新される訳ではなく、最新情報は再ログインすると表示されます。

共有リンクの有効期限やパスワードは無料のPersonal Basicプランでは利用できなくなりました。リンクの有効期間は一律2週間です。(2015.5確認)

これらの制限が掛かったことで、より倉庫用の立ち位置がはっきりしてきました。

Description

フォルダーをアップロードするには、Java Runtime Environment(JRE)のインストールが必要です。

JREをインストールしたくない場合、PortableApps.comのjPortablePortable Browsersの組み合わせでもフォルダーのアップロードが可能です。

ADrive Desktopはダウンロードできますが、有料プランのみ利用可能です。

有料のPersonal Premiumは、100GBが$2.50と安め。それ以上は等倍なので他のサービスと比較すると割高です。

Transfer Remote File機能を使い、他のサーバーからファイルを転送できます。

Zoho Writerでログインせずにファイルを編集できます。

ビデオファイルのストリーミング再生は全て不可。

ログイン時の認証数字の入力はUpdateで不要になり、表示される広告も比較的小さくなりました。

データセンターのグレードは、有料プランはTier IV、フリープランはTier Iへホストされます。
Tierは、米国の民間団体のUptime Instituteが定めた、信頼性への基準で、IVが最高レベルです。

アカウントやデータの削除は、Account Settings(右上歯車アイコン)、一番下の、Cancel Accountより可能です。

関連リンク

オンラインストレージサービスADriveのVector Icon Logoです。
ADrive SVG logoVector logo