Gmail - メールクライアントの設定

概要 Tips クライアントの設定 プライバシー

Gmailの設定はやや独特で難しめですが、多くのテキストが出回っているため結果的には簡単です。

他ではあまり触れられていない『安全性の低いアプリの許可』『OAuth2.0認証形式』『IMAPのフォルダーの指定方法』について掘り下げて解説します。

IMAP と POP3 の開始方法 - Gmail 公式 ヘルプ

Gmail メール サーバーの情報

Gmail のメールサーバーの設定
プロトコルサーバー名ポートポート (SSL)
IMAPimap.gmail.com
imap.googlemail.com
-993
POP3pop.gmail.com
pop.googlemail.com
-995
SMTPsmtp.gmail.com
smtp.googlemail.com
-25 ,465 ,587

IMAPとPOPは事前にGmailの設定から有効にしておく必要があります。

SMTPは認証が必要です。クライアントでSMTP認証がサポートされていない場合は送信できません。(ほとんど対応しているので、まず心配いりません)

GmailのラベルはIMAPのフォルダーとして扱われます。Gmailのヘルプの詳細な解説が削除されたため、過去の版から引用させてもらいました。IMAP での操作の同期

Gmail側の設定

Gmail の受信プロトコルを有効にします

Gmailへログインして、受信のIMAPPOP3を有効にします。特定の時期以降に作成したアカウントは最初から有効になっています。

設定の メール転送と POP/IMAP

IMAP を有効にするをチェックします。

POP ダウンロードの すべてのメール今後受信するメールをチェックします。

安全性の低いアプリの許可

最新のセキュリティに対応していないメールソフトでGmailを送受信するには、安全性の低いアプリを許可する必要があります。安全性の低いアプリについての公式ヘルプ

文字どおり安全性の低いアプリにもログインを許可するので、リスクを理解した上で判断します。許可せずに設定しても、「ログイン試行をブロックしました」というメールがきて送受信できません。

この設定は、Googleアカウント全体に影響します。

ブラウザからGoogleのアカウント情報へログインします。

ログインとセキュリティの項目の一番下。安全性の低いアプリの許可のところのトグルスイッチをオンにします。

Allowing less secure apps to access your account

ログインしている状態なら、直接、安全性の低いアプリへ行くこともできます。

OAuth 2 icon

Thunderbirdは38.0.1、The Bat!は7.1から、OAuth 2.0(オーオース)の認証に対応したため、認証にOAuth 2.0を使う場合は、安全性の低いアプリの許可は不要です。

メールクライアントの設定

Thunderbird の設定例

IMAP(受信サーバー)の設定

imap.gmail.com-993-SSL-OAuth2

imap.gmail.com993SSL/TLSOAuth2
imap.gmail.com993SSL/TLS通常

ユーザ名は、ローカル部のみ。G Suite Gmailは、メールアドレス全体を入力します。

IMAPのフォルダーの設定

POP3(受信サーバー)の設定

GmailのPOP3は、OAuth 2.0の認証には対応していません。

pop.gmail.com-995-SSL

pop.gmail.com995SSL/TLS通常

SMTP(送信サーバー)の設定

smtp.gmail.com-465-SSL-OAuth2

smtp.gmail.com465SSL/TLSOAuth2
smtp.gmail.com587STARTTLSOAuth2
smtp.gmail.com25STARTTLSOAuth2
smtp.gmail.com465SSL/TLS通常
smtp.gmail.com587STARTTLS通常
smtp.gmail.com25STARTTLS通常

IMAPのフォルダーの設定

GmailのIMAPフォルダーの設定画面

送信控えと特別なフォルダ

メッセージ送信時に自動的にコピーを作成するのチェックを外します。

自動的に [Gmail]/送信済みメール フォルダにコピーされるため。

下書きの保存先[Gmail]/下書きフォルダを指定します。

サーバ設定 (推奨)

Gmailが推奨する、IMAP クライアントの設定

gmaill-サンダーバードのサーバ設定

  • 新着メッセージがないか起動時に確認する」をオン。
  • 新着メッセージがないか 10 分ごとに確認する」をオン。
  • 「メッセージを削除する時」 は 「削除済みとマークする」。
  • 終了時に受信トレイを整理(expunge)する」 をオフ。
  • 終了時にごみ箱を空にする」 をオフ。

迷惑メールフィルタの設定例

このアカウントで迷惑メールの学習を有効にするのチェックを外します。

gmaill-サンダーバードの迷惑メールフィルタの設定

Gmailは強力なフィルター持っていて、しかも無効にできないのでローカルのフィルターは不要。

Thunderbird でGmailの設定をする場合の注意

Thunderbird 38.0.1より、GmailのOAuth2(オーオースツー)に対応され、ローカルにパスワードを保存せずに安全に運用できるようになりましたが、設定途中の認証画面は、サンダーバードのCookieを有効にしていないと詰まってしまいます。

Thunderbirdのクッキーを有効にする
オプション → プライバシータブ → サイトから送られてきた Cookie を保存する にチェックを入れます。

Web コンテンツ - サイトから送られてきた cookie を保存する

認証後は、Cookie をブロックしても構いません。

既存のCookieも削除して構いません、あくまで最初にトークンを取得するのに必要なだけです。

すでにThunderbirdに設定済みのGmailアカウントも、認証のみOAuth2にすれば変更できます。SMTPも一緒に変更しておきます。

その場合、パスワードは自動では削除されないので手動で削除します。

ツール → オプション → セキュリティタブ → パスワードタブ → 保存されているパスワード

oauth://accounts.google.comの認証のみ必要なので、imap://smtp://のパスワードを削除します。

メールアドレス設定ウィザードで、設定が正しいのに、「設定を確認してください。ユーザー名やパスワードが間違っていませんか?」と表示されることが度々あります。

その場合、詳細設定から確定させてしまい、実際に送受信できるかを確認します。OAuth2は送受信時に認証のポップアップがでます。

ログイン場所の変更など、Gmail側のセキュリティによりブロックされる場合もあります。(「パスワードが正しくありません」エラー - Google アカウント ヘルプ

「パスワードが間違っていませんか?」のメッセージは、単にそういうケースが多いという理由から推測で表示されているだけで、それが原因とは限りません。

The Bat! の設定例

IMAPの設定

Gmailは代表的なフリーメールですので、Account ➡️️ New からのウィザードに従えば簡単に設定できます。画像は設定後のプロパティです。

Transport

The Bat!にGmailを設定した画面
smtp.gmail.com465TLS通常の認証
imap.gmail.com993TLS通常の認証

Authentication(認証方式)も適切に設定されます。

The Bat! 7.1より、GmailとMail.ruOAuth2認証形式に対応しています。

SMTP - Authentication

IMAP - Authentication

OAuth2を使わない場合とPOP3で受信する場合は、Regularを選択します。

The Bat! POP3 Authentication

Mail management

IMAPのフォルダーを選択します。
Sent mail: [Gmail]/送信済みメール
Trash: [Gmail]/ゴミ箱

The Bat!にGmailのIMAPフォルダーを設定した画面

Connect to the Server (サーバーに接続するタイミング)
when The Bat! starts (The Bat!の起動時にサーバーに接続する)

Mail management → Deletion

Move to the specified folder (削除したメールをごみ箱へ移動する)
Trash

Compact emptied folders automaticaly (空のフォルダーを自動的に縮小する)

Mark deleted messeges as read (削除したメールを既読として扱う)

Options

Check mailbox at start-up (The Bat!のスタート時に新着メールをチェックする。)

Compact all folders on exit (The Bat!の終了時に全てのフォルダーを圧縮する)

圧縮に時間が掛かるので環境に応じて設定します。

Gmail Notifier Proの設定例

名前を冠しているように、Gmailは簡単に設定できます。

Google Gmail IMAPの追加

メイン → アカウント管理 → 追加。Google Gmail IMAP

Google IMAP AtomはRSSによる着信通知です。多少制限はありますが、こちらでもO.K。

Gmail Accountを設定する

メールアドレスパスワードを入力。設定アカウントのテスト

アカウント設定 OK

詳細は、Gmail Notifierに表示される名前で入力必須です。

受信側に表示される名前(From:)は、画面下側のオーナーの欄で、こちらは、未入力でも大丈夫です。

Gmailのその他の設定

その他は、適切に設定されていますので、特に変更する必要はありません。SMTPの送信も既定値のままで、OKです。

GmailのラベルとIMAPフォルダーの関係

過去にGmailのヘルプに記載されていた内容のコピーです。

https://support.google.com/mail/answer/77657?hl=ja

コピーここから


IMAP クライアントでは、特殊な [Gmail] フォルダ階層の下に Gmail のデフォルトの表示がすべて表示されます。次に、IMAP クライアントのその他の操作が Gmail のウェブ インターフェースでどのように表示されるかを示します。

携帯端末/クライアント(iPhone/Outlook など)での操作ウェブ上の Gmail での結果
メールにフラグを設定するメールにスターを付ける
メールをフォルダに移動するメールにラベルを付ける
メールをフォルダ内のフォルダに移動する*フォルダ階層を示すラベルを付ける(「メインフォルダ/サブフォルダ」)*
メールを複数のフォルダにコピーするメールに対応するすべてのラベルを付ける
フォルダを作成するラベルを作成する
メールを [[Gmail]/迷惑メール] に移動するメールを迷惑メールとして報告する
→ →→メールを [[Gmail]/ゴミ箱] に移動するメールを [ゴミ箱] に移動する
メッセージを送信するメールを [送信済みメール] に保存する
受信トレイのメールを削除する**受信トレイからメールを削除する**
フォルダからメールを削除する**メールからラベルを削除する**
メールを [[Gmail]/迷惑メール] や [[Gmail]/ゴミ箱] から削除するメールを完全に削除する

*IMAP では、パソコンのファイル システムと同様に、スラッシュ(/)の付いたラベルをフォルダ階層として解釈します。たとえば、「家族/友だち」というラベルがある場合、IMAP クライアントでは「家族」フォルダと「友だち」サブフォルダとして表示されるので、名前付けの規則を考慮する必要があります。

**IMAP クライアントでメールを削除すると、Gmail の受信トレイからメールが削除されますが、メールは完全には削除されません。メッセージを完全に削除する場合は、IMAP メールの削除をご覧ください。


コピーここまで

グーグル 2015 NEW SVG ロゴ 挿絵
Google 2015 New Svg Icon