OpenMailBox - メールクライアントの設定

概要 クライアントの設定

2017年8月、IMAP/POP/SMTPアクセスは、有料プラン専用になりました

OpenMailBoxのサーバー情報

OpenMailBoxの設定
プロトコルサーバー名ポートポート (SSL)
IMAPimap.openmailbox.org-143 ,993
POP3pop.openmailbox.org-110 ,995
SMTPsmtp.openmailbox.org-587 ,465
XMPP52225222

SMTPは認証が必要です。

通常は、ポート (SSL)を使用して下さい。

メールクライアントの設定

Thunderbirdの設定例

ユーザ名: は、ドメインを含めます。

IMAP(受信サーバー)の設定

OpenMailBox-サンダーバードのIMAPサーバー設定。imap.openmailbox.org - 993 - SSL/TLS-通常のパスワード認証

imap.openmailbox.org993SSL/TLS通常
imap.openmailbox.org143STARTTLS通常

POP3(受信サーバー)の設定

OpenMailBox-サンダーバードのPOP3サーバー設定。pop.openmailbox.org - 995 - SSL/TLS-通常のパスワード認証

pop.openmailbox.org995SSL/TLS通常
pop.openmailbox.org110STARTTLS通常

SMTP(送信サーバー)の設定

OpenMailBox-サンダーバードのSMTPサーバー設定。smtp.openmailbox.org-465-SSL-通常のパスワード認証

smtp.openmailbox.org465SSL/TLS通常
smtp.openmailbox.org587STARTTLS通常

ポート587、25の非暗号化は、接続までできますが送信時にエラーが返ります。
5.7.0 Must issue a STARTTLS command first

エイリアスで送信する方法

@openaliasbox.orgのドメインで送信する方法です。

事前にUSER INTERFACEよりログインして、エイリアスを作成しておきます。

OpenMailBoxのアカウント設定画面を開き、差出人情報を管理をクリックします。

アカウント設定差出人情報を管理

メールアドレス欄に、@openaliasbox.orgのアドレスを入力します。名前欄は受信者に表示される名前を決めます。空欄でも構いません。

差出人情報を設定して下さい

これだけで、送信時に@openaliasbox.orgのアドレスを選択できるようになります。

@openaliasboxを送信者にする

OpenMailBoxはプライバシーを重視した設計のため、特別に設定しなければ、Return-Pathは送信されません。

自動的に返信先は@openaliasbox.orgになり、IPアドレスも添付されず、ログインアドレスの情報を全く漏らさないため、エイリアスでも完全に独立したメールアドレスとして扱えます

XMPPの設定

XMPP アイコンThunderbirdに、OpenMailBoxのチャットアカウントを設定する方法。

メニューのオプション → アカウント設定 から

チャットアカウントを追加
チャットアカウントのネットワークを追加してください。

アカウント操作 → チャットアカウントを追加からのウィザードに従います。

OpenMailBox ロゴ 挿絵