SFshare

Backup ,Sharing

SFshareはアクセスできなくなっています。Internet Archiveで2016年10月5日まで存在が確認できます。

エスエフシェアは、50GB無料、最大ファイルサイズ400MBの無料のクラウドストレージ。フランスのYahosting.netでホストされています。インターフェイスは機械翻訳程度ながら日本語の表示も可能です。

アプリケーションはなく、全てブラウザから利用します。アップロードは1度に5ファイル、ダウンロードは共有リンクから1つずつということで、名前どおり公開用のアップローダーといえます。

基本的には、同じ50GBのMEGAADriveに及ばないともいえますが、使い方次第ではファイルのバックアップに使えないこともありません。今後使う予定のないファイルを400MB以下にアーカイブ圧縮して、ログイン情報とは別に共有URLをメモしておけば、ファイル削除の期限がないため、いつでも取り出すことができます。

アウトライン
保存容量50 GB
最大ファイルサイズ400 MB
帯域制限なし
ファイル共有
FTP×
WebDAV×
ダイレクト リンク×
リモート アップロード
世代管理×
ファイルの暗号化×
END-to-END Encryption×
対応プラットホームアプリなし。
OS
モバイル
アカウント有効期限なし最終ダウンロードから180日でファイルは削除。
2段階認証×
紹介制度
容量無制限プラン×Premium
サービス開始
API×
ウェブ インターフェース
日本語表示機械翻訳程度。
Drag & Drop×アップロード画面でファイルの選択は可能。
右クリックメニュー×
フォルダーのアップロード×progressの表示のあとイニシャライズで止まります。
フォルダーのダウンロード×
一括アップロード5つまで。
一括ダウンロード×
検索機能日本語も可。フォルダーは検索できない。
通信の暗号化×
対応ブラウザ

Description

全てのファイルは共有URLを持ち、公開と非公開があり、Public(公開)がdefaultになっています。

非常に重要 : Publicにしたファイルは、Catalogueにユーザー名と共に順次掲載されサイト内検索に掛かります。またGoogle検索にも掛かります。

共有リンクのダウンロードページには、アップロードしたユーザー名とそのホームアドレスへのリンクが表示され、公開した全てのファイルが閲覧可能になります。

ファイルの所有者もダウンロードするには共有リンクを使います。6秒のdelayがかかります。アカウントを持っていないユーザーは9秒

アカウント作成時のメール本文にユーザー名とパスワードが平文で含まれています。認証後パスワードの変更、メールを削除しておいたほうが良いでしょう。

規約違反のファイルはユーザーの許可、通知なしに削除される可能性があります。(Terms of Service)通常のオンラインストレージのような共有リンクの削除ではないので、このあたりも注意が必要です。

PremOnlyのチェックは、Premium Users onlyの意味です、アップロードしたユーザー自身もダウンロードできないので、無料のユーザーは普通は使う必要はありません。

Security lockを有効にすると、パスワードやメールアドレスなどの重要な項目は、メール認証後しか変更できなくなります。有効なセキュリティ機能ではありますが、もし登録したフリーメールが無効になると変更できなくなります。

関連リンク

SFshareが運営するのSNSページです。あまり更新されていませんがユーザーの質問には回答されています。

オンラインストレージサービスSFshare Logoです。
SFshare logo