AOL Mail - 概要

AOL@aol.jp

綺麗で使いやすいインターフェースが特徴のエーオーエルメール。付属のカレンダーや連絡帳は、小窓に表示されて連携しやすくなっている為、常に開くようにすれば今日一日の予定を把握できます。クリック数も少なく操作できるのでモバイルでの利用にも向いています。

ただ、受信側に立って送信者にもエラーを返さず、メールが全くの行方不明になったり、数日間の遅延が稀にあります。スパムフィルタはオフの状態で同じ送信者からのメールでも片方のみ不達メッセージなど。洗練されたイメージとは裏腹に、送受信に関しては結構不安定。

設定に関しても、「それができて、なぜこちらができないのか」といった矛盾含みのところがあり、上級者程悩みそうです。

現在、開発やページの更新は、ほとんどされていないようではありますが、IMAP ,POP ,SMTP ,容量無制限。機能の面では文句の付けようがありません。

良い点

  • 保存容量が無制限。
  • 綺麗で、カレンダーやアドレス帳との連携がスムーズ。
  • Webメールは、他国のAOLのドメインでも日本語で利用できる。

悪い点

  • 全ての国のヘルプに古い情報や間違った情報が掲載されたままになっている。
  • 全くメンテナンスされていないようにみえる。
  • テキストメッセージでもURLらしき文字列をリンクしてしまう。

機能詳細

基本機能
IMAP POP3 SMTP
拡張機能
自動振り分け、迷惑メールフィルタ、署名、メール検索、キーボード ショートカット、メッセージと連絡先のインポート、テーマの変更、モバイル版、エイリアス
追加の機能
カレンダー、アドレス帳、To Do list 、AIM
容量制限
保存容量は無制限。送受信可能なサイズは添付ファイルを含めて25MB、aol.jp は16MB
アカウント期限
90日間アカウントにログインしなかった場合、無効になる可能性。
aol.jp はメールは30日間、アカウントは90日間ログインしなかった場合、無効になる可能性。
セキュリティ
外部コンテンツブロック、スパムフィルタ、ウィルス スキャン
ドメイン
@aol.jp @aol.com @aol.co.uk @aol.fr @aol.de
スマホアプリ

機能補足

ソースの表示は右クリックメニューのメッセージの送信元を表示する。メニューのアクションには、メールを開いたときのみ項目が表示される。

送信済みフォルダの場合は、メッセージを開き、すべてを表示するボタンをクリック。今度はアクションから、メッセージの送信元を表示する。右クリックメニューには項目がない。

外部コンテンツブロックは見知らぬ送信者からの画像とリンクをそれぞれ無効にできる。全ての送信者に対しては設定できない

デフォルトの迷惑メールフィルタは無効にもできる。

送信者フィルタは、削除するかスパム フォルダへ仕分けるかの2通り。

受信拒否にはできないが、自動削除にすれば迷惑メールが目に触れない。

アカウントの期限は、90日間ログインしないとInactiveの状態になり、受信メールは送信者へ返送される。Inactiveな状態から、さらに90日経過(累計180日間)すると、メールボックスを含む全てのデータが削除される。アカウントは削除される場合がある。いずれも、May be(可能性)の記載がある。

簡単なエイリアスが使える。@aol.com = @aim.com

どのドメインのアカウントでも、Webサーバー、メールサーバーともアメリカのサーバーに接続する。

+(プラス).(ドット)の拡張アドレスは利用不可。

エーオーエルの1996年から2006年まで使われたロゴです。ベクトルデータです。
AOL logo 1996~2006年