AOL Mail - メールクライアントの設定

AOL@aol.jp
概要 Tips クライアントの設定

AOL Mail はメールソフトで送受信できます。

AOL Mail メール サーバーの情報

日本の AOL と他の国の AOL のサーバーは統一されました。

AOL の設定 (@aol.jp ,@aol.com ,@aol.co.uk ,@aol.fr ,@aol.de)
プロトコルサーバー名ポートポート (SSL)
IMAPimap.aol.com143143 ,993
POP3pop.aol.com110110 ,995
SMTPsmtp.aol.com58725 ,465 ,587

SMTP は認証が必要です。

@aol.jp の古いサーバー情報を表示
AOL.jp の設定 (@aol.jp)
プロトコルサーバー名ポートポート (SSL)
IMAPimap.aol.jp143143 ,993
POP3pop.aol.jp110110 ,995
SMTPsmtp.aol.jp58725 ,587 ,465

Aol Mail 側の設定

新しく Gmail安全性の低いアプリの許可と同じセキュリティ機能が追加されました。

OAuth2 認証を使わない場合はセキュリティの低いログイン方法を使用するアプリを許可する必要があります。

  1. Aolメールへログイン
  2. 右上のオプションからアカウント情報

    ポップアップブロックの表示が出る場合は許可します。

  3. アカウントのセキュリティ
  4. セキュリティの低いログイン方法を使用するアプリを許可する をオンにします。

  5. 変更が自動保存されます。

通常は IMAPSMTP を OAuth2 で認証する方法をおすすめします。その場合この設定は不要です。

メールクライアントの設定

Thunderbird の設定例

Thunderbird 60 より、AOL と Yahoo! の OAuth2 認証に対応しました。

ユーザー名はドメインを問わずメールアドレス全体を入力します。

IMAP (受信サーバー) の設定

imap.aol.com 993 SSL/TLS OAuth2.0

imap.aol.com993SSL/TLS通常/OAuth2
imap.aol.com143STARTTLS通常/OAuth2
imap.aol.com143保護なし平文

OAuth 2.0

OAuth 2.0 は初回接続時に AOL のサイトが開くので、ログイン情報を入力してAgreeで認証。

Agree で完了します。
oauth://login.aol.com authentication

保存されているパスワードには、oauth://login.aol.com の認証情報のみ登録されます。

oauth

OAuth 2.0 で認証する場合に imapsmtp のパスワードが登録されていたら削除しておきます。

Thunderbird は、GmailMail.ruYahoo! の OAuth 2.0 認証にも対応しています。

POP3 (受信サーバー) の設定

AOL の POP3 は OAuth2 認証に対応していません。Aol 側の設定が必要です。

pop.aol.com 995 SSL/TLS 通常のパスワード認証

pop.aol.com995SSL/TLS通常
pop.aol.com110STARTTLS通常
pop.aol.com110保護なし平文

AOL の POP3 は受信トレイのみダウンロードできます。

SMTP (送信サーバー) の設定

smtp.aol.com - 465 SSL/TLS OAuth2

smtp.aol.com465SSL/TLS通常/OAuth2
smtp.aol.com587STARTTLS通常/OAuth2
smtp.aol.com25STARTTLS通常/OAuth2
smtp.aol.com587保護なし平文

送信エラー

サーバからの応答: 5.2.1

設定が正しいのに、SMTP 送信がエラーになる事があります。

メールの送信中にエラーが発生しました。メッセージを確認し、再度試してください。サーバからの応答: 5.2.1 : AOL will not accept delivery of this message.

WebメールもThe message was not sent because of an error.で送信できないことがあります。

数年前からずっと報告されている原因不明のエラーです。設定が正しければ大抵の場合は数十分で送信できるようになります。

AOL logo 2008-2009年1月