ProtonMail - 概要

概要 Tips

プロトンメールは、End-to-Endの暗号化により、セキュリティとプライバシーを堅固に保護するスイスのジュネーブにあるWebメール、およびiOSとAndroidアプリ。2013年の起ち上げから、ベータ公開を経て2016年に正式版がリリースされました。誰でも無料でアカウントを開設して暗号化メールを使用できます。

大手メディアに紹介されたため、同じEnd to End暗号化メールTutanotaInvmailと比較して、知名度が抜群に高くなっています。その実力はもちろん、めぐり合わせも良く、爆発的にヒットしました。海外では、すでにメジャーの仲間入りを果たしたフリーメールです。

高度な内部処理と打って変わって使い方は至って簡単。シンプルな画面には高級感があります。7カ国語に対応していますが、残念ながら日本語表示には未対応。

基本的な機能は送受信とアドレス帳のみで、とことんセキュリティやプライバシー保護にこだわっているため、新しい機能の導入には非常に慎重です。追加して欲しい機能については要望の多いものから優先的に検討されます。

ProtonMailはコミュニティによる運営で営利を目的としている訳ではないので、広告なしのすべて無料です有料プランの収益は、寄付と共に運営費として使用されます。DOS攻撃を受けた後に無料プランの制約が少し厳しくなりましたが、個人で使用するには気にする必要のない度合いです。

$550,000の寄付を受けたことからも、ユーザーがいかにプライベートな通信を望み、ProtonMailに期待しているかがうかがえます。

ProtonMail vs Tutanota

良い点

  • End-to-End Encryption。
  • インターフェイス、送信メール共に広告なし。
  • Tor Hidden Service + SSL。
  • Facebook OpenPGP Email対応。
  • オープンソース。

悪い点

  • ドメイン名が長い。
  • ユーザーフィルターが1つのみ。
  • アカウント名の空きが比較的少ない。

機能詳細

基本機能Webmail専用。
拡張機能メール検索 ,迷惑メールフィルタ ,自動振り分け ,署名 ,テーマの変更 ,エイリアス ,メールのエクスポート ,連絡先のインポートとエクスポート ,キーボードショートカット。
追加の機能アドレス帳。
容量制限保存容量は500MB添付ファイル25MB、100ファイルまで。送信可能なメールは150通/日50通/時。受信は制限なし。ベータからのユーザーは保存容量1GBをキープ。
アカウント期限3ヶ月未使用で削除される可能性。(Terms & Conditions
セキュリティHTTPS、HSTS、SPF、受信トレイのパスワード保護、末端間暗号化、Tor Hidden Service、2要素認証。
ドメイン@protonmail.ch , @protonmail.com
スマホアプリ
関連リンク

ソースコードは、Githubで公開されています。MIT licenseはとても制限の緩いオープンソースのライセンスです。

フォーラムで希望されている新機能

バグ報奨金制度

ProtonVPN

ProtonMail Bridge (IMAP、SMTPアクセス)

機能補足

原子モデル 原子核のProtonとNeutron その周りに確率的に存在する電子 SVG イラスト

Protonとは原子核の中にある陽子のことです。

Mailboxのパスワードは省略可能になりました。(ProtonMail Blog)

公開鍵は、設定のKeysよりエクスポートできます。

スパムフィルタリングには、SpamAssassinが使われています。

無料プランのユーザーフィルターは1つのみ設定できます。

有料プランでは、カスタムドメインの利用も可能です。

メールのエクスポートは、メールを表示して、View originalからDOWLODできます。

Tutanotaと違い、ダウンロードしたテキストにはヘッダ情報も含まれます。セキュリティ上、ProtonMailからデータを出さないのがベストなため、一括エクスポートして、バックアップやメールデータ移行はできないようになっています。

3ヶ月アカウントの有効期限は、規約として存在しますが未だ実務としては実行されていません。

広告の有無
メール画面WEB送信
付かない付かない
IPアドレス
WEB送信
付かない

オープンベータテストから利用しているアカウントには機能面で優遇措置がなされています。

  • 容量が1GB
  • .com.chのトップレベル ドメインを両方使える
  • 新規作成に挿入されるプロトンメールへのリンクをオフにできる

送信メールの末尾に付くリンクは手動で削除できます。ただ、セキュリティ意識の高いユーザーにとって嫌な機能であり、ProtonMailの評判を下げかねませんSCRYPTmailも初期の頃にフッターリンクを付けていましたが、ほどなく廃止しました。

有料プランは、リンクをオフにできます。

暗号化の概要

  1. からProtonMail同士のやり取りは暗号化されます。
  2. からProtonMail以外へ送信は暗号と平文の選択式。
  3. からProtonMail以外から受信したメールは暗号化されません。

2は送信したメールにProtonMailのサーバーの暗号化されたデータへアクセスできるURLを添付することで実現しています。リンク先のページでパスワードを入力すると内容を閲覧できるしくみです。リンクには有効期限を設定しておくこともできます。ProtonMail以外へは、普通のEmailと同じように暗号化せずに送信もできます。
プロトンメールの送信画面。暗号化の選択ボタンがあります。

3の送信側が暗号化していない場合は、ProtonMailに限らずメール内容の暗号化は成立しません。ただし、返信に限り受信メールのリンクより内容を暗号化して送信可能です。

ProtonMailからの暗号化メールを開くにはパスワードが必要です。それならば、パスワード付きZipで送信しても同じですので、あくまで利便性を考慮したオプション扱いです。暗号化メールはProtonMail同士で使うのが一番メリットがあります。

ProtonMailのアカウントの作成とキャンセル

取得方法を画像付きで解説しました。
ProtonMailアカウント取得方法の画像付き解説

アカウントの削除は、SETTINGSのACCOUNTタブのDelete Account

エイリアス

+(プラス記号).(ドット)を使った拡張アドレスの利用が可能。

contact+geneva@protonmail.ch = contact@protonmail.ch

secu.rity@protonmail.ch = security@protonmail.ch

ベータからのユーザーと有料プランのみ.ch.comをエイリアスとして扱えます。

media@protonmail.ch = media@protonmail.com

chcomの両方使えるアカウントは、設定のName / Signatureにある、Identitiesからデフォルトアドレスを変更できます。

拡張アドレスは、意図的に追加の機能として実装されました。

ProtonMailのオニオンサイト

2015年11月5日にDDoSアタックを受けたあと、サーバーの所在を確認しにくい、Tor Hidden Serviceが公開されました。公式の解説ページも設置されています。

https://protonirockerxow.onion

オニオンサイトは、まだ実験的な段階なので推奨されていません。

匿名性を強化すると共に、DDos Attackや政府の情報統制でProtonMailに接続できなくなったときの迂回手段としての働きも期待できます。

Torで接続する必要がありますが、Torブラウザを使えば簡単です。

Tor Browser for Windows • Mac OS X • Linux

スマホ用には2種類のTorブラウザを推奨されています。

Onion Browser: A Tor Browser for iOS

Orfox: A Tor Browser for Android

2017年、モバイル環境でTorを使うには、まだ問題が残っています。

iOS用のOnion Browserは、ProtonMailを開始するとクラッシュします

ProtonMailを使うには、JavaScriptを有効にする必要があります。AndroidはプラグインのNoScriptをアンインストールしないと動作しません。

ProtonMailのデータセンター

ProtonMail's Switzerland Bunker Datacenter

ProtonMailは、自前のハードウェアとネットワークによるスイスのデータセンターを使用しています。

世界で最も安全なデータセンターの一つ、スイスのアルプス山脈の地下1000mに設置されている、ものすごい設備です。

Introducing the new ProtonMail website

スイスという場所にも理由があり、米国やEUの管轄外にあり、強力なプライバシー保護を守るスイス連邦データ保護法によって守られているためです。

Why Switzerland? - ProtonMail Blog

かつて、国家機関によりバックドアの設置を強制される実例がいくつもありましたが、その心配もありません。

ProtonMailは、スイスの司法の要求によってのみ、極めて限られたデータのみを公開します。さらに、公開されたとしてもE2EEで暗号化されるProtonMailからメールの内容や個人情報に到達する事は不可能です。

ProtonMailの歴史

、ProtonMailは、スイスのジュネーブにあるCERN(欧州原子力研究機構)のJason StockmanAndy YenWei Sunの3名の科学者によってとして開発されました。目的は政府の監視から世界中のオンラインの人々を保護する事です。

Proton Technologies AGはベータ版を一般に公開しました。

、予想を超えた圧倒的な申込があったため、公開から60時間でアカウントの受け付けを停止。アカウント取得は申込制で順番待ちの状態で継続されることになりました。

Indiegogoクラウドファンディングより、目標額の$100,000を大きく上回る$550,377を調達。

、ProtonMailは、Charles River Venturesthe Fondation Genevoise pour l’Innovation Technologiqueから、200万$の資金を調達

2015年8月13日、大幅に改良の進んだ、ProtonMail 2.0をリリース

ProtonMail 3.0 BETAをリリース

正式サービス開始。誰でもすぐにメールアドレスを取得できるようになり、同時にiOSとAndroidアプリの正式版もリリースされました。

2017年初頭に、ProtonMailのユーザー数は、200万人を超えました。

ProtonMailの有料プラン

ProtonMail - Pricing

PLUSProfessionalVISIONARY
642円/月 (5€)1027円/月/user (8€)3852円/月 (30€)
6163円/年 (48€)9630円/年/user (75€)36979円/年 (288€)

表記は円換算したものです。ユーロ、ドル、スイスフランで支払いが可能です。

PLUSはオプションで、容量・独自ドメイン・メールアドレスを追加できます。

ProtonMail はコミュニティ運営なのに有料プランがあるのは、寄付のみの運営は資金が集まりにくいというのがあると思われます。

比較的小規模なメールサービスなら不足分を自分で補ったりサービス停止ということもできますが、ProtonMailの規模になるとその選択は不可能です。

機能追加のプランを用意しておくと、良いサービスに対しての「お布施」という形で資金が集まりやすくなります。ただ、ProtonMailの有料プランはEmailのみにしてはやや高い。

プロトンメールのロゴです。挿絵として使用しています。シンボルの鍵のアイコンにProtonMailの文字が続いています。群青色(ぐんじょういろ)一色でまとめられ落ち着いたデザインです。
ProtonMail SVG Vector Icon Logo