Outlook.com - メール クライアントの設定

概要 Tips クライアントの設定

Outlook.com メール サーバーの情報

Outlook の設定
プロトコルサーバー名ポートポート (SSL)
IMAP

imap-mail.outlook.com

-993
POP3

pop-mail.outlook.com

pop3.live.com

-995
SMTP

smtp-mail.outlook.com

smtp.live.com

-25 , 587
Outlook の Exchange ActiveSync の設定
サーバー名ドメインTLS/SSL 暗号化
s.outlook.com空白はい

SMTP は認証が必要です。POP3 と SMTP サーバーは、どちらでも利用できます。

POP3 は事前にブラウザから有効にしておく必要があります。
Outlook 側で、POP3 で受信後にメールを削除するか指定できます。初期値は「削除しない」になっています。

よく分からなければ、「削除を許可しません」にします。

オプションメールアカウントPOP と IMAP

POP と IMAP

Outlook.com メール ソフトの設定

Thunderbird の設定例

IMAP (受信サーバー) の設定

Thuderbird imap-mail.outlook.com SSL 993
imap-mail.outlook.com993SSL/TLS通常

POP3 (受信サーバー) の設定

Thuderbird pop-mail.outlook.com 995 SSL/TLS 通常のパスワード認証
pop-mail.outlook.com995SSL/TLS通常
pop3.live.com995SSL/TLS通常

SMTP (送信サーバー) の設定

Thuderbird smtp-mail.outlook.com STARTTLS 587
smtp-mail.outlook.com587STARTTLS通常
smtp-mail.outlook.com25STARTTLS通常
smtp.live.com587STARTTLS通常
smtp.live.com25STARTTLS通常
Thunderbird の送信時エラーメッセージ

メールの送信中にエラーが発生しました。メッセージを確認し、再度試してください。サーバからの応答: 5.3.4 554-554 5.2.0 STOREDRV.Deliver; delivery result banner

ブラウザからログインしてみてください。おそらく「アカウントの一時停止」状態です。解除するには、携帯電話でSMSメッセージを受信する必要があります。携帯電話を持っていないと詰みです。

Office 365 サービスの状態

その他にもサーバーの不具合やあらぬ難癖を付けられ、正しく設定しても肝心な時に繋がらないこともしばしば。これを機会に乗り換えてしまった方が先々有益でしょう。GmailYandex.mailZoho Mail がおすすめです。

Opera Mail のIMAPの設定例

Opera Mail の送受信サーバーの設定画面

The Bat! の IMAP 設定例

Outlook は、AccountNew からのウィザードに従えば簡単に設定できます。画像は設定後のプロパティです。

Transport

smtp-mail.outlook.com587STARTTLS通常のパスワード認証
imap-mail.outlook.com993TLS通常のパスワード認証

Userには、@以下も入力します。

ウィザードに従えばAuthentication(認証方式)も適切に設定されます。

Mail management

IMAP のフォルダーを選択します。
Sent mail: Sent
Trash: Deletion

Connect to the Server (サーバーに接続するタイミング)
when the account selected (アカウントを選択した時にサーバーに接続する)

Gmailの時は、when The Bat! starts (The Bat!の起動時)にしました。これはお好みです。

一旦、O.Kを押して、フォルダーを確定します。

Mail management → Deletion

Move to the specified folder (削除したメールをごみ箱へ移動する)
Trash

Compact emptied folders automaticaly (空のフォルダーを自動的に縮小する)は、今回はオフにしました。

Mark deleted messeges as read (削除したメールを既読として扱う)

Options

Check mailbox at start-up (The Bat!のスタート時に新着メールをチェックする。)

Compact all folders on exit (The Bat!の終了時に全てのフォルダーを圧縮する。)

Office Outlook 2010 のIMAPの設定例

受信サーバーの設定

Outlook 2010の受信サーバーの設定画面A Outlook 2010の受信サーバーの設定画面B

手動設定からサーバー情報を入力後、右下の詳細設定をクリック。

詳細設定

送信サーバー(SMTP)は認証が必要にチェックを入れます。

Outlook 2010詳細設定の送信サーバータブ

受信サーバーのポート番号を 993、使用する暗号化接続の種類をSSLにします。送信サーバーのポート番号を 587、暗号化接続の種類をTLSにします。

Outlook 2010詳細設定の詳細設定タブ

受信サーバーの設定へ戻り、次へをクリックして完了します。

eM Client の Exchange ActiveSync の設定例

  1. ウィザードで Exchange を選択。取りあえずアカウントを設定します。

  2. メールアドレスの設定を開き、m.hotmail.coms.outlook.comへ変更します。

  3. 全体の設定は図のようになります。