Outlook.com - メール クライアントの設定

概要 Tips クライアントの設定 プライバシー

Outlook.com メール サーバーの情報

Outlook の IMAPの設定
プロトコルサーバー名ポートポート (SSL)
IMAPimap-mail.outlook.com-993
SMTPsmtp-mail.outlook.com-25 , 587
Outlook の POP3の設定
プロトコルサーバー名ポートポート (SSL)
POP3pop3.live.com-995
SMTPsmtp.live.com-25 , 587
SMTPは認証が必要です。SMTPサーバーは、どちらでも利用できます。
POP は事前にブラウザから有効にしておく必要があります。
Outlook側で、POP3で受信後にメールを削除するか指定できます。初期値は「削除しない」になっています。
Outlook の Exchange ActiveSyncの設定
サーバー名ドメインTLS/SSL 暗号化
s.outlook.com空白はい

Outlook.com メール ソフトの設定

Thunderbird のIMAPの設定例

受信サーバーの設定

Thuderbirdの受信サーバーの設定画面

送信サーバーの設定

Thuderbirdの送信サーバーの設定画面

Opera Mail のIMAPの設定例

Opera Mailの送受信サーバーの設定画面

The Bat!のIMAPの設定例

Outlookは、AccountNew からのウィザードに従えば簡単に設定できます。画像は設定後のプロパティです。

Transport

smtp-mail.outlook.com587STARTTLS通常のパスワード認証
imap-mail.outlook.com993TLS通常のパスワード認証

Userには、@以下も入力します。

ウィザードに従えばAuthentication(認証方式)も適切に設定されます。

Mail management

IMAPのフォルダーを選択します。
Sent mail: Sent
Trash: Deletion

Connect to the Server (サーバーに接続するタイミング)
when the account selected (アカウントを選択した時にサーバーに接続する)

Gmailの時は、when The Bat! starts (The Bat!の起動時)にしました。これはお好みです。

一旦、O.Kを押して、フォルダーを確定します。

Mail management → Deletion

Move to the specified folder (削除したメールをごみ箱へ移動する)
Trash

Compact emptied folders automaticaly (空のフォルダーを自動的に縮小する)は、今回はオフにしました。

Mark deleted messeges as read (削除したメールを既読として扱う)

Options

Check mailbox at start-up (The Bat!のスタート時に新着メールをチェックする。)

Compact all folders on exit (The Bat!の終了時に全てのフォルダーを圧縮する。)

Outlook.com SVG ベクターロゴ white