Vivaldi Mail - 概要

AfterLogic WebMail

ヴィヴァルディは、My Operaの終了を惜しんだ創業者により代替としてして起ち上げられたアイスランドにあるコミュニティサイトです。

元々熱心なOperaのファンがいたのと、同名のBlinkベースのパワーユーザー向け Vivaldiウェブブラウザが話題になったことから、検索してみると、あの四季で高名な作曲家、アントニオ・ヴィヴァルディと同じくらいネームバリューがあるのがわかります。

メールはそのサービスの内の一つで、日本語対応、暗号通信のIMAP ,POP3 ,SMTPサーバーが使えメールクライアントから利用もできます。

Antonio Lucio Vivaldi

Webメールは見た目も良く使いやすいのですが、動作がやや遅く唯一にして最大の疵瑕になっています。

それもそのはず、アイスランドは遙か北の海の孤島。CDNを使って他のコンテンツは、パフォーマンスがアップされていますが、EMailのみ使われていません。

宛先や添付ファイルの有無などの、列のタイトルが非常に多く用意されていて、表示非表示の選択も柔軟にできます。これは他のメールにはない特徴です。

機能面では、後述するWebメールからの代理送信が得意で、簡単な設定で制約もなく、ほぼ完璧に代理します。

アイコンのリンクはVivaldiのHPにしてあります。メールは、Roundcube Webmailと新しい、AfterLogic webmail clientがあり、それぞれ、ログインできます。

Roundcube Webmail

良い点

  • 広告が一切付かない。
  • ローカル部最低4文字のアカウントや好きな名前を取得しやすい。
  • 日本語対応のWebメールの外観がきれい。
  • 宛先や優先度などのカラムに表示する項目を選択できる。
  • Drag&Dropが可能。
  • eml 形式でダウンロードが可能。
  • IPアドレスのマスク(Web)

悪い点

  • アカウントの取得にメールアドレスが必要。
  • 動作や転送速度が遅い。
  • ヘルプが少なく詳細が不明。

機能詳細

基本機能IMAPPOP3SMTP
拡張機能自動転送、自動振り分け、自動返信、代理送信、署名、メール検索、連絡先のインポート、テーマの変更、エイリアス。
追加の機能アドレス帳、ブログ。
容量制限5GBと添付ファイルの写真など用に5GB。 送受信可能な1通のメールサイズは35MB。1日に100通まで。
セキュリティHTTPS接続、外部画像ブロック、SPF。
ドメイン@vivaldi.net

機能補足

Vivaldiのメールアドレスの作成は、HP右上、Sign upよりできます。

ログインのユーザー名は、@より前のローカル部のみ入力します。

ごみ箱の中身は自動では消去されないので、手動で空にするか、設定のサーバーの設定から、ログアウト時に空にするように設定しておきます。

フォルダーを空にするには、受信箱などのフォルダーが表示のある左ペイン一番左下の歯車アイコンから、を選択します。確認画面の後削除されます。

連絡先を削除するには、連絡先を選択した状態で、一番下の選択した連絡先を削除

メール本文のアドレス横のアイコンから簡単にアドレス帳に追加できますが、同じ画面から削除はできません。

送信者名、署名、返信先などの設定は、「新しいメッセージの作成」から識別情報を編集です。

名前を非表示にするには、識別情報を編集から、表示名を空欄にして保存します。

Roundcube Webmail と AfterLogic webmail client

Vivaldiに新しいAfterLogic WebMailが追加され、Roundcubeと選択して利用できます。両者は同じブラウザ上でそれぞれログインすることもできます。

RoundcubeにログインAfterLogicにログイン

フィルターが追加されているのが大きな違いです。

主な機能の違い
自動転送自動応答自動振分代理送信
AfterLogic
Roundcube

Vivaldi Communityへログインしていても、メールは別にログインする必要があります。メールをメインに利用するなら、直接メールのログイン画面へ行くとすばやく開始できます。

代理送受信とエイリアス

拡張アドレスは+(プラス)を利用可能。.(ドット)は不可。

Antonio+Lucio@vivaldi.net = Antonio@vivaldi.net
Anto.nio@vivaldi.net Antonio@vivaldi.net

同じRoundcubeのOpenMailBoxと違い、識別情報を追加電子メールの項目欄は編集できるので、メール認証後に代理送信が可能です。

ただしエイリアスの+(プラス)のアドレスを登録するために保存すると、自身に認証メールが送られますが、認証URLをクリックしてもエラーになり登録できません。つまり、Webメールから+記号のエイリアスでの送信はできないということになります。

Thunderbirdのように送信者情報を編集できるメールクライアントからならエイリアスで送信できますが、SMTPからの送信にはIPアドレスが添付されます。

IPアドレス
AfterLogicRoundcubeSMTP
付かない付かない付く

認証に失敗した他のメールアドレスの識別情報は、横の禁止マークのアイコンをクリックすると削除できます。

メールアドレスを名のるだけの代理送信ですが、Vivaldi.netから送信、経由したこと以外は、Vivaldiのアカウント情報やブラウザの接続しているIPアドレスを添付しないため、充分実用可能です。

アカウントのキャンセル方法

アカウントの削除は、Webメールの画面からはできないので、VivaldiのHPへ戻り、右上グローバルメニューのユーザー名をクリックします。

出てくるメニューの一番上のユーザー名の右にあるエディットアイコンをクリックするとAccount Settings画面へ移行するので、左ペインのDelete AccountのところにあるDelete your profileをクリックします。

アカウントの期限については、記載がありません。

Vivaldi MailのSVGで作られたIconとロゴの挿絵です。
Vivaldi Mail SVG vector icon logo