Hotmail - 概要

Microsoft@hotmail.com

Hotmailは、Outlook.comにニューリアルされました。

ホットメールはマイクロソフトが運営するメールサービス。登録時で5個までの全く異なるエイリアスが使用可能。ドメインも各国ごとに用意され豊富。そのため、登録用やカジュアルに使用するのに最適です。また、Microsoft アカウントにもなっているため、SkyDrive、Office Webアプリなどの他のサービスも利用可能になるのも大きいです。Hotmailから進化した新しいOutlookのユーザーインターフェイスは操作性抜群です。

良い点

容量実質無制限。
アカウントを取得しやすい。
フォルダー、アーカイブ、フラグ、カテゴリ など管理方法が豊富で自由。
世界中のhotmailドメインと同時にエイリアスも使える為、あまり重要でない登録用に最適。
SkyDriveとリンクさせて添付ファイルのように送信できる。
独自ドメインで500アカウントの運用が可能
他の様々なMicrosoftのサービスも使える。

悪い点

新規作成がHTMLになっていて、テキストで送信するにはその都度切り替える必要がある。
Webページのヘルプやオプションが無秩序に散らばっていて、対象を見つけることすら難しい。
設定に理不尽な点が多く、また非常に難解。
明示されていない制限があり、サーバーの不具合も多いので常時使うメールにするには不安がある。
信頼性に欠ける為、名指しで使用禁止になっているところもある。

機能詳細

基本機能POP3 と SMTP
拡張機能代理送信、他POP3受信 、自動転送、自動振り分け、迷惑メールフィルタ、署名、自動返信、受信拒否、メール検索、キーボード ショートカット、テーマの変更、絵文字対応、モバイル版、エイリアス。
追加の機能アドレス帳、カレンダー、SkyDriveなど。
容量制限最初に5GB。それを超えると都度増加して実質無制限
添付ファイルは最大25MB。Skydriveへのリンクで送信すれば300MB。
アプリを使用するなら最大2GB。
アカウント期限270日間 Microsoft アカウントは1年。
セキュリティHTTPS接続、外部コンテンツブロック、ウィルススキャン。
ドメイン@hotmail.com @live.jp @outlook.com 他、各国ごとの独自ドメイン。
その他SkyDriveからファイルの添付。クリーンアップのスケジュール。メッセージ復元。
Facebook / Google / Twitter / LinkedIn との連携。

機能補足

代理送信は、hotmailのSMTPと他SMTPの両方可能。どちらも認証は必要。他SMTPは、POP受信の設定も必要。

1 日に送信できる電子メール メッセージの数に制限があり、携帯番号の登録で最大300。

自動返信はすべてかアドレス帳の送信者の2択。期間は設定できない。

受信拒否はアドレスとドメイン指定。自動削除される。

迷惑メールフィルタは無効にできない。POP3でのアクセスは停止できない。

クリーンアップのスケジュール設定 はメール一覧の画面からしかできない。ルールは設定から確認可能。

エイリアスは登録時に5つ。使用年数ごとに増加して最大15個まで。削除したエイリアスも1つとカウントされる。

エイリアスでのログインも可能。

外部コンテンツはセーフリスト以外からは基本ブロック。Hotmail に一部判断を任せることもできる。

- トリビア -

HoTMaiLは、1996年、インド人のSabeer Bhatiaらによって開発されました。Microsoftが取得する前のお話です。

Hotmail 1996 vector logo