Yandex.Mail - Tips

Yandex@ya.ru

Yandex.Mailアドレス取得方法

Yandex.Mailのアカウントは事前に用意するものもなく簡単に取得できます。メールアドレスは、Yandex Passportとしても機能しYandex.Diskなども利用できるようになります。

Yandex.Mail Registration

アカウント作成画面の日本語訳 私はユーザー使用許諾契約 に同意します。 Yandexのロシア連邦法およびプライバシーポリシーに従った個人情報の扱いの取り決めに従います。

姓名欄は適当な名前でも通りますが、利用規約は正確である事を求めています。偽名と判定されると、送信制限が掛かる場合があります。

入力項目は全て必須です。ユーザー名以外は後から変更できるので、ここだけ少し考えて好きな名前にします。ドメインは表示されているもの以外も全て使えます。

  • 使える文字は、英数字-(ハイフン).(ドット)です。
  • 文字数は、1文字~30文字。大文字と小文字は区別しません。
  • アルファベットで始まり、アルファベットか数字で終わる必要があります。
  • 2つの記号は連続して使ってはいけません。

Yandexは人気があり、ローカル部のユーザー名は、5 ~6文字からでないと厳しい。ただし、4文字くらいでも意外なところが空いていたりするので、時間を掛けて狙ってみるのも一興です。

ユーザー名にピリオドやダッシュ記号を含めておくと、後述のエイリアスの選択肢が少し増えます。

携帯番号は、I don't have a telephone number(携帯電話を持ってません)をクリックすると秘密の質問に変更できます。

Registrationについては、Yandex.Mail HelpYandex.Passport Helpに公式ヘルプも用意されています。

GmailでYandex.Mailへログインする方法

Yandexのサービスは、Gmailのメールアドレスでも利用できます。Email機能を利用するには、Yandexアカウントの作成も必要です。

  1. Yandexのログイン画面から下段のGアイコンをクリックします。Yandex Авторизация

  2. Googleアカウントのログイン画面が表示されるので、念のため鍵アイコンURLを確認します。https://accounts.google.com/accounts.google.com

    アカウント名とパスワードを入力して、Google アカウントへログインします。
    Gmailのログイン画面

  3. Yandexのリクエストを許可します。

    Gmailのヤンデックス認証画面
  4. Yandex Passportの画面へ移るので、「利用規約」と「プライバシーポリシー」に同意します。

    Gmailのヤンデックス認証画面
  5. この時点で、GmailアドレスはYandex Passportとして機能しますが、Yandex.MailYandex.Diskを使うには、Yandexのメールアドレスの作成も必要です。

    Yandex.Mail

    Yandexアカウントの作成画面になるので、通常の手順で作成します。

    ここは、Gmailの情報ではなく、新しくYandexのアカウントとパスワードを設定します。

  6. Yandexメールアドレスを作成したら完了です。Gmailでもログインできます。

    Yandex.Mail ログインYandex Авторизация

    GmailでログインするにはGアイコンをクリックします。Gmailへログインしていると、そのままメール画面へ移行します。

このように、GmailをIDとしてほかのサービスへログインできる仕組みを、OpenIDといい、「GmailをOpenIDとしてYandexを利用する」といった使い方をします。

Gmailのアカウント名とパスワードがあれば、Yandexのログイン情報を覚えておく必要がないのがメリットです。

Yandexでは、メールなどの主要な機能を使うには、結局Yandexアカウントの作成が必要です。

Yandex.Mailのエイリアス

1. Yandex.Mailはピリオドダッシュを区別しないので、次のアドレスは同じアカウントに配信されます。送信時にも選択画面が出ます。
my.address@yandex.ru = my-address@yandex.ru

2. ローカル部分が同じ8つのドメインは同じアカウントの受信箱に配信されます。(Domain aliases)
myaddress@yandex.ru = myaddress@ya.ru = myaddress@yandex.com = myaddress@yandex.ua = myaddress@yandex.kz = myaddress@yandex.by = myaddress@yandex.com.tr = myaddress@narod.ru

3. Yandex.Mailのアドレスはプラス記号以下を認識しませんので、次のアドレスは同じアカウントに配信されます。
myaddress@yandex.ru = myaddress+Russia@yandex.ru
4. モバイルナンバーをメールアドレスにできます。
15551234567@yandex.com

※1 ユーザー名に-(ハイフン).(ドット)を含むアカウントを取得している必要があります。

※2 送信する場合はヘッダのReturn-Path:Envelope-From:にデフォルトのドメインのメールアドレスが追加されます。@yandex.com.trはTurkey(トルコ)です。@narod.ruは受信用です。

※3 Webメールは、送信画面からアドレスを編集できないため+(プラス)のアドレスでは送信できません。Sender informationからも追加できません。

Yandex.Mailの代理送信

設定(右上歯車アイコン)のSender informationにある、Select default email address:Editのリンクから登録できます。My email addressesから直接設定画面へいけます。

My emailsは、代理送信以外に、パスワードを忘れた時の連絡用のメールアドレスとしても機能します。

@narod.ruは、My emailsに初めから登録されていて受信はできますが、送信ができません。

代理するメールアドレスへメールを送信して認証するタイプです。一度認証に通れば永続的に有効なので、使い捨てメールアドレスなど、現在は所有していないアドレスでも送信できます。

他社メールアドレスの代理送信は、前述のエイリアス同様、送信ヘッダのReturn-Path:Envelope-From:にYandex.Mailのデフォルトのメールアドレスが追加されるので、ほとんど使い道がありません。

Import mail from other accountsより、IMAPやPOP3を通して代理受信できますが、ここに登録したメールアドレスは受信専用で送信はできません。

Yandex.Mailは匿名性の高い運用が可能

Yandex.Mailは匿名性を維持したまま運用するのにも適しています。

  • アカウントの取得に際し、メールアドレスやモバイルナンバーなどの、他と紐付けるような情報が不要です。

  • Torによるアカウント取得とサービスの利用ができ、禁止されていません。(Tor Friendly)

  • 通常の送信でも、こちらのIPアドレスを添付しません。

  • Light versionはJavaScriptなしで動作し、より安全かつTorで接続時での負担も軽減できます。

  • サーバーがロシアにしかないのが逆に幸いして、追跡を困難にしています。

世界に展開するYandex

Yandex.Mailには次の言語のサイトが存在します。

Russia
mail.yandex.ru
English
mail.yandex.com
Belarus
mail.yandex.by
Kazakhstan
mail.yandex.kz
Turkey
mail.yandex.com.tr
Ukraine
mail.yandex.ua

Yandexには次の国のサイトが存在します。

Russia
www.yandex.ru
English
www.yandex.com
Belarus
www.yandex.by
Kazakhstan
www.yandex.kz
Turkey
www.yandex.com.tr
Ukraine
www.yandex.ua

Yandex Mailは、ローカル部のみで一意のアカウントになっています。

Yandex Mailのエイリアスの8つのドメインは、これらのどこの国で取得しても問題が発生しないように用意されているだけなので、スパムメール対策用にはあまり役に立ちません。

ロシア市場におけるYandexの検索のシェア

Yandexのロシアにおける検索のシェア グラフ
Yandex56.2%
Google37.3%
Mail.ru5.6%
Rambler0.5%
Bing0.3%
Yahoo0.1%
liveinternet.ruへのアクセス統計"Сайты Рунета"
(1ヶ月間 ~2016-07-02)

gemiusRanking RUでも、ほぼ同様の結果を示しています。ロシアや米国の関連ニュースも、概ねこの割合を前提にしています。

YandexとMail.ruは独自の検索エンジン。Rambler.ru検索はGoogle、Yahooは、Bingのエンジンを採用しています。QIP.ruのページに, ロシアのポータルサイトで使われている検索エンジンをまとめています。

Ramblerの検索シェアは2006年には20%を占めていましたが、ここ数年は減少傾向にあります。検索結果は、Google.comと同じで、本家のように、google.co.jpへリダイレクトされるようなことはないので、目的によっては結構使えるうえ、くっきりした配色で見やすくなっています。

Googleのシェアがトップを占めない国は珍しく、ロシア語の検索スパムにうまく対処できていないのが一つの理由のようです。ただし、Googleも利用者数を増やし続けていて、現在2強の状態です。

検索を含めたロシアでの総アクセス数の比較

Top Sites in Russia - Alexa(2016-10-18)

  1. Vk.com
  2. Yandex.ru
  3. Youtube.com
  4. Google.ru
  5. Mail.ru
  1. Google.com
  2. Ok.ru
  3. Wikipedia.org
  4. Youtube.com
  5. Avito.ru

Vk.comとOk.ruは、Mail.Ru Groupによる運営です。

Yandexの提供するサービス

Все сервисы Яндекса(Yandexの全てのサービス)

Yandex.ruが基本になっていて、comからはアクセスできないサービスもたくさんあり、内訳はGoogleのサービスを追随したものが多くを占めます。

いくつか面白いコンテンツをあげてみます。

  • Yandex.Maps IconYandex.Maps - Webで閲覧できる世界地図。maps.yandex.ruはロシア語の地名データです。ログインすると、Google マップ同様に、自作の地図を作成して公開できます。

  • Yandex.Images - 画像検索。日替わりの1920 x 1080pxの扉絵の美妙な画像はダウンロードできます。.ruの方がコンテンツが多い。

  • Yandex.Webmaster - ウェブ制作者が、Yandex Searchのindexに関する情報を取得できます。Google Search ConsoleのYandexバージョン。利用にはアカウントが必要。英語で表示できますが、基本キリル文字での検索用なので、ロシア語に関係しないサイトは登録しても効果は薄い。Webmasterなら、YandexMobileBotというUAを見たことがあるかも知れません。Yandex robotsのUA一覧

    2016年にインターフェイスが刷新され非常に格好良くなりました。一見の価値あり

  • Yandex.Metrica - Google アナリティクスのYandexバージョン。GAはウェブマスターにはおなじみの凄い多機能のアクセス解析ですが、それに負けず劣らず多機能Yandex.Webmasterと違い、アクセス解析なのでコンテンツの言語に関わらず有益です。右下の国旗アイコンから英語表示に切り替えが可能。

  • Yandex.Translate - 他言語翻訳ツール。日本語もベータながら翻訳可能。Google 翻訳がニューラルネットワーク技術を取り入れる前くらいの翻訳品質があり、意外に使える。アイコンには日本語の「」の文字が使われています。

  • Яндекс.Новости - ロシアの最新ニュース。

  • Yandex.DNS - 3種類のDNSサーバーが用意されています。.ruのサイトしかありませんが、左下の国旗アイコンから英語表示にできます。

  • Безопасный и анонимный браузер - Yandex.ブラウザー ロゴ

    Yandex.ブラウザーは、日本語のページが用意されています。

Yandex.Mail SVG ロゴとアイコン 挿絵
ヤンデックス メール アイコンとロゴ