Google Drive

Backup & Sync, File Sharing
Google drive スクリーンショット

グーグル ドライブ は、Googleアカウントを持っていれば誰でも無料で利用できる15GBのオンラインストレージです。GDrive(ジードライブ)と呼ばれることが多いですが、スマホアプリ以外にその呼称は公式に一切出てこないので、正しくはGoogle Drive

ブラウザ上で多くの形式をプレビューでき、高価なアプリケーションなしでもオンライン上でOffice文書の閲覧、編集ができます。一般的なオンラインストレージのようなファイル置き場というよりは、ドキュメントを共有、公開するのに向いています。特にチャットしながらの共同編集の簡単便利さは秀逸でGDriveの真髄と言っても良いでしょう。

ブラウザのインターフェイスは綺麗でとても使いやすく、アプリケーションは同期を利用する場合以外は必要性を感じません。ただ少し、デザイン的な関係でファイルが多くなってくると全体を把握しにくくなるのと、適当に共有をしているとURLが階層を示していない事もあって混沌としてきます。その点はフォルダーの色分けやファイルに説明を付けられるので、検索と併せてある程度はカバーできるようになっています。

Googleは他のクラウドストレージと違い、ドライブを生業(なりわい)にしているわけではなく、広告とビッグデータの企業です。ユーザーのデータもそれに準ずる扱いをされているはずなので、そのところをどう判断するかで、評価が分かれそうです。

アウトライン
保存容量15GBGoogleフォト、Gmail共用
最大ファイルサイズ5TBファイルの種類による
ファイル共有
FTP×
WebDAV×
ダイレクト リンク
リモート アップロード×
世代管理
ファイルの暗号化×G Suite Businessは◯ (Official Blog)
END-to-END Encryption×
対応プラットホーム
OSWindows ,Mac
モバイルiOS(iPhone | iPad) ,Android
アカウント有効期限9 ヶ月無効化の可能性(現在記載なし)
2段階認証
紹介制度×
容量無制限プラン×G Suite Businessのみ。
サービス開始
APIGoogle Drive APIs
ウェブ インターフェース
日本語表示
Drag & Drop
右クリックメニュー
フォルダーのアップロードChrome か java appletが必要。
フォルダーのダウンロードzip形式
一括アップロード
一括ダウンロードzip形式。一度にエクスポートできるサイズは最大 2GB
検索機能
通信の暗号化データセンターまで完全暗号化
対応ブラウザIE、Edge、Firefox、Chrome、Safari(Mac)
Google Drive Logo 挿絵

Description

同じディレクトリ内に同名のファイルを存在させることが可能。メリットであると同時にキッチリ管理しないと混然としてきます。

検索機能が強力。関連したテキストがなくても画像検索が可能。

ブラウザはChromium推奨。各ブラウザの最新バージョンの1つ前のバージョンまでサポートされます。ドキュメントの編集機能を使う時は特に最新にしておきたい。

25MBまでのファイルなら多くの形式をブラウザ上でプレビュー可能。Adobe Photoshopの.psdや Illustratorの.aiファイルもプレビューできます。GIFアニメはクリックすると再生されます。

動画は、1920x1080 5TBまで再生可能

簡単な、OCR機能が付いていて、画像やPDFファイルから文字を読み取ることができます。画像ファイルを右クリックして、アプリで開くGoogle ドキュメント。ドキュメント形式に変換され自動的にテキストが展開表示されます。

他のユーザーとチャットしながらの閲覧や共同編集が、簡単手軽に可能。

速度は、極端に速い時と遅い時があり判別不能。ただプレビューなどのブラウザ上での再生は概ね良好です。

Webに公開

Google 文書、プレゼンテーション、スプレッドシートは通常の共有の他にウェブに公開できます。

ファイル → Webに公開… から公開できます。次のhost機能によるHPの公開とは異なります。

ウェブに公開は共有の設定とは完全に独立して機能します。互いに干渉しません。

GoogleドキュメントをHTMLに変換したものが、WEB上に公開されます。ファイル自体は公開されませんが内容は見えてしまいますので扱いには注意が必要です。仲間内の回覧や告知に向いています。

コピーバージョンは原本の隣に作成されます。アイコンや詳細から確認はできますが、ぱっと見で区別付きにくくなっているので、セットで1つのフォルダーを使うなど工夫が必要です。

HPを公開する

Google Drive のホームページ公開 機能は、2015年8月31日に締め切られたあと、コンテンツは2016年8月31日まで配信され完全に終了しました。 Google Drive のウェブ ホスティング 機能 廃止のお知らせ

共有の使い方のひとつとして、host機能を使いWebページを公開することもできます。

  1. 公開するhtmlのあるフォルダーの共有設定を、ウェブ上で一般公開にします。
    (リンクを知っている全員では機能しません)
  2. htmlも同様の共有設定であるのを確認します。
  3. その他から、詳細とアクティビティを右ペインに表示して上部のメニューを詳細にします。
  4. ホスティングのところにある、https://googledrive.com/host/~ というのがページのURLになります。

CSS ,Javascript ,画像も絶対、相対的に指定できます。


この機能は、新しい Google ドライブでは利用できません。URLを編集する必要があります。

  1. 上記手順でhtmlの公開したURLを控えておきます。
  2. 共有URLは次のようなパターンになっています。

    https://drive.google.com/open?id=○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○&authuser=0

    https://drive.google.com/file/d/○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○/view?usp=sharing

  3. URLを編集します。

    https://googledrive.com/host/○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

    というのがページのURLになります。

新しい Googleドライブでは、CSSや画像、Javascriptは、絶対パスで指定する必要があります。Webページのホストというより、単にダイレクトリンクになっています。

GDriveのhostによるファイル共有は極めて遅いので、あまり実用には向きません。Webデザインのテンプレートのプレビューやテストなどに利用できます。

Windows 用 Google ドライブ

概要

アプリケーションのインストール先は選択できない。
Google ドライブ フォルダーの場所や名前は初期設定かアカウント切り換え時に変更可能。
Google ドライブ内の同期するフォルダーは選択が可能。

Google Driveのデスクトップアプリケーションは同期用ですが、できがよくないのと、ドライブの性質とあまり合わず使用するメリットが少ないので使わないことを推奨します。どうしてもという場合でも、公式のWebインストーラはセキュリティ上絶対禁止レベル。せめてオフラインインストーラーを使うべきです。

オフライン インストーラー

オフライン インストーラーは次の手順で入手できます。

  1. FileHippo.com から、最新のGoogle Driveのバージョンを確認します。
    例 : Google Drive ○.○○.○○○○.○○○○
  2. 次のURLからオフライン インストーラーを入手できます。

    https://dl.google.com/drive/○.○○.○○○○.○○○○/gsync.msi

    例 : https://dl.google.com/drive/1.18.7821.2489/gsync.msi

gsync.msiは、公式公開ではありませんが、正式のGoogleのサーバーからダウンロードされるものです。
オフラインインストーラのgsync.msiは33MB程度、Webインストーラのgoogledrivesync.exeは1MB程度です。
以前は、FileHippoから直接オフライン版をダウンロードできましたが、現在は公式ページにジャンプします。

Google Update

Webインストーラが良くない最大の理由は、Google Updateがインストールされるためです。

Google Updateの公式の説明では、アップデートのチェック及び更新するツールですが、タスク2つにサービス2つとブラウザ拡張も勝手に追加され、アプリケーション起動時と一定間隔その他のタイミングで通信を行います。

通常のアップデートチェックは起動時に1回のみ実行すれば充分なので、この時点でおかしくなっています。

また、Google アプリケーションをすべてアンインストールしても説明にあるような削除は行われず常駐を続けます。

これらは容易に削除できないように仕込まれていて、実際に高度な知識がないと削除できません。 GoogleUpdate.exeを削除した例でも完全でなく、万全を期するなら、Windowsの再インストールまで必要になります。

関連リンク

Googleドライブの料金プラン

GDriveは無料で利用できますが、格安の有料プランも用意されています。OneDriveもかなり安く、1TB以下では両者が抜きんでています。100GBに限れば、ADrive$2.50と安くなっています。

比較用に抜粋した概要です。正確な価格はリンク先の公式ページを御覧下さい。

Google ドライブのプランの価格表
15GB100GB1TB2TB10TB20TB30TB
無料250円1300円2600円13000円26000円39000円
-2500円13000円----

料金比較
GDriveOneDriveDropbox
無料15GB5GB 2GB 
50GB/月-170-
100GB/月250--
1TB/月1300円1274円1200
1TB/年13000円12740円12000
料金表

G Suiteの料金プラン

シンプルで明快な料金プラン - G Suite

ビジネス用のG Suiteは、ドメインを取得していれば、個人でも利用できます。

G Suite Businessを5人以上で契約すると容量無制限のストレージを利用できます。

G Suite - 1ユーザーあたりの価格
G Suite BasicG Suite Business
600円1200円
6000円14400円

Google DriveのVector Icon Logoです。
Google Drive SVG vector icon logo