Mail.Ru - メールクライアントの設定

概要 Tips クライアントの設定

Mail.Ruはメールソフトで送受信できます。サーバー情報とThunderbirdの設定例The Bat!の設定例です。新しいOAuth2.0での認証方法については、間違えやすいので詳しく解説しています。

Mail.Ru公式ヘルプ - ロシア語ですが、各クライアントごとの画像が付いています。ただし、基本的な設定以外は、内容が少し古く正しくないところがあり、OAuth2.0についての記載もありません。

Mail.Ru メール サーバーの情報

Mail.Ru の設定
プロトコルサーバー名ポートポート (SSL)
IMAPimap.mail.ru-143 ,993
POP3pop.mail.ru-110 ,995
SMTPsmtp.mail.ru-25 ,587 ,2525 ,465

SMTPは認証が必要です。クライアントでSMTP認証がサポートされていない場合は送信できません。

Mail.Ru側の設定

POP3のみWebから設定できる項目があります。IMAPは何もする必要ありません。

右上のメールアドレスから Mail settingsFolders

Folders and filtersの設定。薄くPOP3の表示のあるものが受信されるフォルダーです。

フォルダーの横のあたりをホバーする(マウスを乗せる)と歯車アイコンが出てくるのでクリックします。

受信したくないフォルダーのUnavailable to email clients (POP3)をチェックします。

1つ前の図が初期状態のフォルダーです。この中で設定できるのは、Spamフォルダーのみで、他のフォルダーはグレーアウトしてチェックできません。

その為POP3で受信するときは、送信済み(Sent)、ごみ箱(Trash)、下書き(Drafts)は、ローカルのフォルダーを指定(HDDに保存)します。

このようにMail.ruのPOP3は柔軟性に乏しいので、特に理由がなければIMAP受信を推奨します。

メールをサーバーに残すかどうかはメールソフトから設定します。

Mail.Ru メール ソフトの設定

Thunderbirdの設定例

Mozilla Thunderbird の設定方法 - 公式ヘルプ(ロシア語)

Mail.ruのIMAPとSMTPのOAuth2(オーオース)での認証は、Thunderbird 45.0で対応されました。

OAuth2の認証を使う場合は、ThunderbirdのUser Agentを変更しないで下さい。

GmailのOAuth2.0の設定と違いアクセストークン取得後もUA情報の送信が必要です。

IMAP(受信サーバー)の設定

Mail.ruには@mail.ru以外のアドレスも存在するので、IDとして使うには常にメールアドレス全体を入力します。

ThunderbirdのIMAPサーバー設定画面 - Mail.Ru

imap.mail.ru993SSL/TLSOAuth2/通常
imap.mail.ru143STARTTLSOAuth2/通常

OAuth2.0の認証手順を確認して下さい。

POP3(受信サーバー)の設定

ThunderbirdのPOPサーバーの設定画面 - Mail.Ru

pop.mail.ru995SSL/TLS通常
pop.mail.ru110STARTTLS通常

SMTP(送信サーバー)の設定

ThunderbirdのSMTPサーバーの設定画面 - Mail.Ru

ThunderbirdのSMTPサーバーの設定画面 - Mail.Ru

smtp.mail.ru465SSL/TLSOAuth2/通常
smtp.mail.ru587STARTTLSOAuth2/通常
smtp.mail.ru2525STARTTLSOAuth2/通常
smtp.mail.ru25STARTTLSOAuth2/通常

暗号化なしのポート255872525は、設定および接続までできますがサーバー側で拒否されます。

メールの送信中にエラーが発生しました。サーバからの応答: SMTP is available only with SSL or TLS connection enabled.メッセージの受信者 "@openaliasbox.org" を確認し、再度試してください。

Mail.ruは、SSLかTLSでの暗号化送信のみ許可しています。

OAuth2.0の認証手順

GmailのOAuth2.0の認証と同様に、認証取得にはThunderbirdのCookieを有効にしておく必要があります。

設定ウィザードや手動設定では、パスワードを空白にします。

設定ウィザードの完了時や初回接続時になると認証画面が起ち上がります。

ログイン情報を入力して、войтиをクリックします。(初めから強調表示されている側のボタン)

ログインするアカウント名をクリックして完了です。(ボタンは触らない)

パスワードを入力しない理由は、imapとsmtpのパスワードも登録されてしまうからです。必要なのはo2.mail.ruへの認証のみです。

oaurh://o2.mail.ru (mail.imap)

すでにThunderbirdに設定済みのアカウントサーバー設定から認証方式のみOAuth2.0に切り換えることができますが、この情報は自動では削除されません。

ツール → オプション → セキュリティタブ → パスワードタブ → 保存されているパスワードから、不要なimapとsmtpのパスワードを削除しておきます

OAuth 2.0open standard for authorization)はパスワードなしで、アクセス権を付与できるのがメリットです。保存されているパスワードからパスワードを表示するにしても、パスワードと別個の英数字の羅列のみ確認できます。

もし、USBにいれたポータブルバージョンのサンダーバードを落としたとしても、メールは見られてしまうかもしれませんが、ログイン情報が漏れることはないので、パスワードを変更すれば、そのサンダーバードでは以降アクセスできなくなります。

Gmailのように、アプリのパーミッションのみを切り離すことできないので、OAuth 2.0の認証を無効にするには、Mail.ruのパスワードを変更します。

Mail.ruのパスワードを変更した場合、Thunderbirdで再度OAuth 2.0認証を使うには、一旦、セキュリティタブからo2.mail.ruのToken(パスワード)を削除してから再設定します。

IMAPフォルダーの日本語訳

Mail.ru のロシア語のIMAPフォルダー名の日本語と英語への対応訳です。

Mail.ruのIMAPフォルダの日本語訳
ロシア語日本語英語
Отправленные:送信済Sent
Корзина:ごみ箱Trash
Спам:スパムSpam
Черновики:下書きDrafts
Входящие:受信トレイInbox

サーバ設定

サーバ設定メッセージを削除する時Корзинаへ移動するように設定します。

Mail.ruのサーバ設定

なぜか設定が反映されず、元の状態に戻ってしまいますが、この状態で正常に動作します。(ver 45.5.1)

Mail.ru

Thunderbirdからメールを選択して削除すると、Mail.ruのごみ箱へ移動します。

送信控えと特別なフォルダ

ロシア語の公式ヘルプでは、フォルダーを指定していませんが、指定しないと新しくフォルダーが作られてしまうため、設定しておきます。

Mail.ruの送信控えと特別なフォルダ
  • メッセージ送信時に自動的にコピーを作成するをチェックして、Отправленныеフォルダーを指定します。

  • 下書きの保存先Черновикиフォルダーを指定します。

画面では、メッセージの保管テンプレートの保存先は、初期状態で存在しないため設定していませんが、利用するならフォルダーを作成して指定しておきます。

The Bat! の設定例

The Bat! の設定方法 - 公式ヘルプ(ロシア語)

IMAP(受信サーバー)の設定

The Bat!のIMAPサーバー設定画面 - Mail.Ru

The Bat!のIMAPサーバー設定画面 - Mail.Ru

imap.mail.ru993SSL/TLSOAuth2
imap.mail.ru993SSL/TLS通常
imap.mail.ru143STARTTLSOAuth2
imap.mail.ru143STARTTLS通常

The Bat! v7.1.4より、OAuth2の認証に対応されました。ローカルにパスワード保存せずに接続できます。

初回ウィザードか、いずれか最初に接続した時に、ブラウザの通常画面が開き、o2.mail.ru ,HTTPS(TCP:443)に接続して認証します。

既存のMail.ruのメールアカウントもauthenticationからOAUTH(using Web Browser)を設定すれば変更できます。認証後、保存されていたアカウントのパスワード情報は破棄されます。

SMTP(送信サーバー)の設定

The Bat!のSMTPサーバー設定画面 - Mail.Ru

The Bat!のSMTPサーバー設定画面 - Mail.Ru