Peerioの使い方

peerio svg icon何であるか?
暗号化のメッセージのやり取りを可能にします。当事者以外は内容を知ることはできません。

何ではないか?
メールアドレスでなく、Peerioのユーザー名を使って互いに通信します。

何が必要か?
通信には送信者と受信者の双方が、Peerioをインストールしている必要があります。

アカウント作成の為のメールアドレスは、Peerio Update 1.2.0より不要になりました。

Peerioのユーザー名がメールアドレスとPGPで言う公開鍵の役目を担当して、誰でも簡単に暗号化されたメールを意識することなく楽しむことができるサービスです。

アプリケーションは、Windows ,Mac用と、Chrome Extensionが用意されています。

Peerioのアカウント作成使い方に分けて解説します。

Peerioアカウントを作成します

PeerioはSpiderOakのようにデバイスとアカウントを紐付けるわけではないので、いくつかのアカウントを作成して、使い分けることもできます。


登録をクリック。

基本情報を入力

入力欄はすべて必須です。連絡を受け取れる今持っているメールアドレスを入力します。

一番上の希望のユーザー名のところが重要で、Peerioを使う上で自分のアドレスとして機能します。その他は後からでも変更可能です。

入力したら、続けるをクリック。

パスフレーズを決めます

パスフレーズとはパスワードと思ってもらって構いません。単語の羅列で、パスワードより安全と言われています。

自動的に作成されたパスフレーズが表示されます。これを、そのまま使っても構いませんが、単語数や単語を決める事もできます。

参考画像のパスフレーズは、新版 わく 割 手前 投稿 の5つの単語になっています。

これを覚えておきます。パスフレーズを忘れると誰もアクセスできなくなります。

アカウントを作成をクリック。

パスフレーズを入力

同音異義語に注意して、パスフレーズを入力。コピーペーストは不可です。

続けるをクリック。

アカウントの確認

登録したメールアドレスに確認番号が送られますので入力します。

メールアドレスは連絡用にも使われますが、基本的には、この確認用に使うだけです。

アカウントの確認をクリック。

パスコードを設定

パスコードの設定は任意です。ここでは、スキップします。

これで完了です。Peerioアカウントを作成できました。

Peerioを使ってみよう

Peerioにログイン

ユーザー名とパスフレーズを使ってログインします。ユーザー名は希望のユーザー名です。

ログインにはユーザー名とパスフレーズが重要で他は覚えておく必要はありません。

メッセージ タブであるのを確認して、メッセージの作成

メッセージを送信

あとは、普通のメールの送信方法と同じです。

宛先、件名、本文

宛先には、相手のPeerioのユーザー名を入れます。通常のメールアドレスへは送信できません。 試す時は、友だちにインストールを頼んだり、もう一つアカウントを作成するなどします。

これがPeerioの使い方の肝の部分で、送信するには相手のPeerioユーザー名を知っている必要があります。

ウェブサイトなどに連絡先を掲載するときは、次のように表示することになるでしょう。

Peerioアカウント名
○○○○○○

Peerio
Peerio