CTemplar - 概要

Armula@ctemplar.com
概要

シーテンプルは、ProtonMail のセキュリティや匿名性に疑問を持った有志により開発されたフリーウェブメール。有料プランと寄付により無料プランが提供されます。

インターフェイスや End-to-End Encryption のしくみは ProtonMail や Tutanota と同じ。機能は、より少なくなっていますが、送受信に必要な最低限度の機能は揃っています。

CTemplarCockmail 同様に、企業のプライバシーを強力に保護するセーシェルを拠点として、スイスはもはやプライバシー保護において有利な国ではなく、アイスランドが世界で最もプライバシーとデータの保護に強力な国と確信してサーバーを置いています。

ProtonMail が安全ではないと言っているのではなく、安全が証明できておらず運営や政府の意図によりプライバシーを侵害することも可能と主張します。これらは荒唐無稽なものではなく、専門家の間でもたびたび指摘されています。

ウェブメールは 2018年に公開されたばかりで、ところどころが未完成。日本語の表示に対応しておらず、特定のエンコードで送信された日本語のメールは文字化けします。オニオン サイトも用意されていますが正しく動作しません。今現在は ProtonMail の縮小バージョンの様相を呈していますが、これから機能が追加改良されていく予定になっており、追加希望する機能を募っています。

Protonmail や Zoho、ストレージの MEGA のように、後から取得したアカウントには制限が増えるのが通例です。アカウント作成は簡単なので取りあえずの取得をおすすめします。

良い点

  • 取得が簡単。
  • 個人情報が不要。
  • Tor 秘匿サービス。
  • E2EE。
  • オープンソース。

悪い点

  • 日本語に未対応。
  • 未完成。
  • 機能が少ない。
  • 文字化け。
  • 実績がない。

機能詳細

基本機能ウェブメールのみ
拡張機能自動振分、自動返信、自動転送、署名、メール検索、アドレス帳のインポート、デスクトップ・Email 通知。
追加の機能アドレス帳。
容量制限容量 1 GB。添付ファイル 最大 5 MB。送信 200通/日。
アカウント期限なし
セキュリティスパムフィルタ、セッションタイムアウト、Whitelist・Blacklist、E2EE、PGP 受信、Tor hidden service
ドメイン@ctemplar.pro
スマホアプリなし
開設日2018年
ユーザー数2万人。(2019年2月14日)
関連リンク ソースコード

機能補足

メール検索は、日本語にマッチしません。

フォルダーは 5つまでに制限されています。

送信は HTML メールのみです。テキストメールは未対応。

アドレス帳のインポートは可能ですが、エクスポートは不可です。

ページを更新するとログインページに戻る不具合があります。

オニオンドメインは、アカウント作成、ウェブメール、共にうまく動作しません。クリアネットから作成運用してください。

PGP は公開鍵をエクスポートしての暗号メールは受信のみ可能、新しい鍵ペアの作成は不可です。

ブラウザは Chromium (Blink) 推奨。他のブラウザは度々読み込みが完了しない状態になります。

スパムチェックには SpamAssassin が使われています。

2019年2月26日に、容量が 200MB から 1GB へ、1日の送信数が 100通から 200通へアップされました。

Protonmail を否定するような文言は後に削除されたため既に閲覧できませんが、ウィークポイントを埋めたのが CTemplar だという記述がありました。いまでも、Protonmail を暗に連想させる内容が投稿されており、CTemplar の優位性をアピールしています。

CTemplar の読みは、シーテンプルシーテンプラーテンプル騎士団Templar です。

CTemplar Armored Email Logo