Zoho Mail - 概要

Zoho@zoho.com

ZOHO メール スクリーンショットIT大国インド発祥のZohoが提供するサービス。日本語対応の美しいWebインターフェース。IMAP ,POP ,SMTPが使用可能。アーカイブ、ラベルなどGmailに似ているが独自の機能は少ない。一方で制約が少なくヘッダ情報もシンプル。

癖がなくメールの王道を行く模範的な優等生。アカウント一つで他の豊富なサービスも使えるのも魅力的。Zoho DocsGoogle Docs からの添付、独自のドメインでの運用も可能で、Google Apps 無償版やOutlookでの新規登録ができなくなった現在では貴重な存在。同様に終了してしまう前に登録しておこう。

元々優れた技術力を持っていたゾーホー。正直すぎて損をしているところもありましたが、徐々に徐々に実力が認められてきました。Blogの更新も活発で、今後ますます期待できそう。

arinco.orgもZoho Mailのホスティングを利用しているぞ

良い点

  • ウェブ、クライアント、送信、受信、広告は一切表示されない。
  • メールをeml 形式でインポート、エクスポート可能。
  • 手持ちのドメインでホスティングが可能。
  • IPによるアカウントへのログイン制限ができる。
  • アカウントロックなどの制限が緩やかで安心して運用できる。
  • クッキーに関する取扱いなど、他社があいまいな表現にするようなところも明確な分かりやすい言葉で記述してある。
  • 他のメジャーなサービスのようにメールの内容をスキャンしたりしない。
  • 高度な技術と厳格な管理体制

悪い点

  • ヘルプが英語。日本語サポートがない。
  • アカウントの登録にメールアドレスが必要。
  • ユーザー名に最小6文字が必要。

機能詳細

基本機能IMAP、POP3、SMTP、EAS
拡張機能代理送信、他POP3受信、自動転送、自動振り分け、自動返信、迷惑メールフィルタ、受信拒否、予約送信、繰り返し送信、署名、メール検索、キーボードショートカット、メールと連絡先のインポートとエクスポート、テーマの変更、モバイル版。
追加の機能アドレス帳、カレンダー、タスク、メモ。
容量制限5GB。添付ファイル最大20MB。
アカウント期限120日間。POP, IMAPでのアクセスもログインと見なされる。
セキュリティHTTPS接続、外部画像ブロック、アクセスログ、ウィルススキャン、S/MIME、IPによるログイン制限、2段階認証。
スマホアプリ
ドメイン@zoho.com、@zoho.eu、@zoho.com.cn
その他Facebook, Google, G Suite, Yahoo!のアカウントでログイン使用も可能。
DropboxGoogle ドキュメントと連携してサイズの大きなファイルを送信、保管できる。
関連リンクZoho サービスの状態その他のリンクはTipsへまわしました。

機能補足

携帯番号なしでメールアドレスを取得する方法

2017年、@zoho.comのアドレスを取得するには携帯電話が必要になっていますが、@zoho.eu@zoho.com.cnはメールアドレスだけで取得できます。

@zoho.eu

Zoho Mail eu

地域による取得制限があり、IPアドレスではなく、ブラウザの第一言語で判定されます

Firefoxの場合は、オプションのコンテンツから、言語を[en-us][en]を一番上にもっていきます。Chromiumは、詳細設定の言語から指定します。

最後の取得ボタンをクリックする時に判定されるだけなので、一通り入力した後に変更しても構いません。また、利用には言語による制限は掛かりません。

取得方法は非常に入り組んでいて難しいので、Zoho mailの取得方法を図入りで解説しています。

@zoho.com.cn

ドメインが、@zoho.com.cnでも構わないなら、メールアドレスだけで簡単に登録できます。

Zoho Mail cn

Zohoアカウントを新規に取得しなくても、GmailYahoo Mailのメールアドレスでもログインできます。Emailの利用に携帯番号は不要になったため、comのアドレスを取得するなら、これが一番簡単でしょう。

どの国のZohoもユーザー名は6文字以上、30文字以下。

メールアドレス最小文字数
○○○○○○@zoho.com15文字
○○○○○○@zoho.eu14文字
○○○○○○@zoho.com.cn18文字

ログインはそれぞれのサイトからする必要があります。@zoho.comのログインページから、@zoho.com.cnのアカウントでは、ログインできません。

また、メール機能は等しく使えますが、扱っているサービスの種類や数が異なります

エイリアスは、+(プラス記号)を使った Subaddress Extensionを使える。

一日の送信量は添付ファイルを含めて、300MB-250通まで。

受信可能な添付ファイルのサイズは、1通につき20MBまで。1日300MBを超えるとメールはブロックされる。

自動返信は期間内の全ての送信者、連絡先、連絡先以外の3種類の指定が可能。

受信拒否はホワイトリスト、ブラクックリスト、それぞれドメイン指定、アドレス指定の4パターン。

フォルダー内のメッセージを空にするには、フォルダーを右クリックしてメーニューから削除できる。

サブフォルダーの作成も、同右クリックから可能。

ごみ箱迷惑メールフォルダーのメッセージは、30日後に自動削除される。

例外として、メールボックスの容量が一杯の場合、着信メールは受信拒否されるが、ごみ箱を空にして計算後判断される。

Webメーラーは、Zoho Mail
User-Agent: Zoho Mail
X-Mailer: Zoho Mail

添付ファイルは、送受信ともClam AntiVirusでスキャンされる。ClamAV

代理送信は、Zoho SMTPのサーバーと他SMTPの選択が可能。どちらも認証は必要。
他社SMTPの認証は、ログイン情報を入力してもメール受信による認証が必要。

設定の差出人メールアドレスから差出人メールアドレスを追加
Zoho mailの代理送信設定画面
Zoho Mailの代理送信は柔軟に設定できる。

代理送受信とエイリアスの一覧表にあるように、他SMTPを使えるのは、Zoho MailとGmailのみ。自身のSMTPと他社SMTPの使い分けができるのは、Zoho Mailのみ

DropboxGoogle Driveからは、クラウドピッカーでスムーズにリンクを取得できる。Oauth2.0による認証なのでパスワードも渡す必要がない。
Zoho mail Cloudpicker
新しいバージョンでは、さらに、OneDrive、Box、EverNoteからの添付が可能。

120日間アカウントにログインしなかった場合、送受信ができなくなる。
その後30日のバックアップの猶予期間後無効になる。Inactive User Policy

この期間は、メールならメールのマーケットプレイスならマーケットプレイスのサービスごとにカウントされます。

2段階認証はメールの設定からではなく、右上の顔写真のマイ アカウントからできます。

アカウントの削除

  1. コントロールパネルのダッシュボードから組織の削除
  2. マイ アカウントから、設定(左タブ)、アカウントの削除
ゾーホー SVG vector ロゴ 挿絵
Zoho Svg logo