gooメール - 概要

NTT@goo.jp
概要

gooメールの無料プランは、2014年3月10日に終了しました。
アカウントの役割も無効になったため、gooブログなどを利用するにはgooIDの再取得が必要です。

日本のポータルサイトのgooが運営するWebメール。無料版ではメーラーでの送受信こそ、できないものの機能はとても豊富。特に絵文字、デコメ素材、入力補完など携帯、スマートフォン向けの機能が充実しています。

通常の機能も他のメジャーなものと比較しても、なんら遜色はありませんが、まれに大規模な障害が発生している、メンテナンス中は利用できない、メール画面の暗号化がされていないなど、ビジネス用途にはやや不向きで、学生間や家族間で楽しく使うのに適しています。

代わりにおすすめ : AOLメール ゾーホーメール Yahoo!メール

良い点

  • 携帯・スマートフォン向けの機能、コンテンツが豊富。
  • 100種以上のデザインから選べる。
  • ヘルプが詳しく分かりやすい。
  • 絵文字対応。

悪い点

  • 登録にメールアドレスが必要。
  • メンテナンス中は数時間ログインできない。非常に重い時がある。など、サーバーが弱い印象。
  • メール一括選択のショートカットが使用できない。

機能詳細

基本機能Webメール専用。
拡張機能代理送信、他POP3受信、自動振り分け、迷惑メールフィルタ、署名、自動返信、メール検索、連絡先のインポート、テーマの変更、絵文字対応、モバイル版、受信拒否、新着通知。
追加の機能アドレス帳、やりとり履歴、メルマガフォルダ
容量制限保存容量は2GB、10万件まで。1通あたり添付ファイルと合わせて20MB。
アカウント期限6ヶ月。
セキュリティ外部コンテンツブロック、自動ウイルスチェック。
ドメイン@mail.goo.ne.jpから@goo.jp へ新しいスマートなアドレスに変更可能。

機能補足

スマートフォン版もPCと同じURL。User Agentによる。

@mail.goo.ne.jp から@goo.jp へ変更後は元のドメインには戻せない。

メールアドレス変更後もgooIDは以前と同じになる。

外部POPメール受信設定は15件まで。

新着通知は通知先の承諾なしに送信できる。

自動返信は「ゴミ箱」「迷惑フォルダ」以外のの全てに返信される。期間の設定はできない。

受信拒否、指定受信設定あわせて1000件まで。ドメイン指定も可能。

迷惑メールフィルタはドメイン指定とアドレス指定のみ。無効にもできる。

自動転送は有料版のみ。

保存容量を超えると受信できない。

カスペルスキーによる無料のウイルスチェックは、無効にできない。kaspersky svg icon

グー SVGロゴ 挿絵