livedoor メール - 概要

NHN Japan@livedoor.com

livedoorメールは、2013年10月31日(木)に終了しました。

livedoor IDは引き続き、ライブドアブログなどに利用できます。

ライブドアが運営するメールとチャット サービス。Gmailのシステムを利用しているため、基本的な機能は、Gmailと同じです。他のGoogleのサービスは利用できませんが、携帯番号不用でアカウントを取得し易い、アカウントロックの危険性が低い、有効期限がないなど手軽で安心して使えます。メールだけなら、むしろこちらをおすすめしたい。

代わりにおすすめ : Gmail Zoho Mail Yandex Mail

良い点

  • アカウントを取得しやすく、有効期限がない。
  • 大容量で通常の使用で容量を気にする必要が無い。
  • 軽快に動作するWebインタフェース。
  • 多くのファイル形式をweb上で表示可能。
  • 絵文字対応。

悪い点

  • Gmailのエイリアス機能Google Driveを利用してのファイルの添付、テーマの利用は不可。
  • 新規アカウントの取得にメールアドレスが必要。携帯端末からは取得できない。
  • アーカイブやラベルで管理という概念が独特。
  • 広告用にユーザーのメールが解析されるなど。個人情報の扱いに問題がある。
  • 実行ファイルは送信できない。
  • 通常の受信メールも迷惑メールと判断される場合も多く、救済用の設定をする必要がある。
  • 迷惑メールはブロックできないので自動振り分けを使う必要がある。

機能詳細

基本機能IMAP、POP3、SMTP
拡張機能代理送信、他POP3受信 、自動転送、自動振り分け、迷惑メールフィルタ、署名、自動返信、メール検索、キーボードショートカット、連絡先のインポート、絵文字対応、モバイル版。
追加の機能チャット、アドレス帳、カレンダー。
容量制限保存容量は10.1 GB。 送受信可能なサイズは添付ファイルを含めて25MB。(HELPには、7GB20MBと記載)
アカウント期限なし。メールクライアントでの利用もログインとみなされる。
セキュリティHTTPS接続、外部コンテンツブロック、前回のアクティビティ、ウィルスチェック、危険なファイル形式をブロック, SPF。
ドメイン@livedoor.com

機能補足

代理送信はGmailで送信と他SMTP利用の両方可能。事前に登録認証が必要。

自動転送はフィルタを使用した条件付けも可能。送信先は事前に登録認証が必要。

自動返信(自動不在通知)は「全ての送信者」と「連絡帳のメンバーのみ」「livedoor のユーザー」の3通り。

迷惑メールフィルタは自動振り分けとは別に実装され無効にできないので、救済の設定が必要。

危険な実行コードを含む可能性のある実行ファイルとそれを圧縮したファイル、破損したファイルは送受信できない。

前回のアクティビティは前回と異なるIPでログインしたなどGoogleが不正使用と判断した場合に通知、ブロックする機能。

Gmailと違い、他アカウントからメッセージのインポートはできない。連絡先をCSVファイルからのみ。

livedoor のアカウントを取得してから、livedoor メール使用の手続きをする必要がある。
livedoor ID@livedoor.com