Yandex.Mail - 概要

Яндекс@yandex.com

落ち着いた印象のYandex.mailの画面ロシア最大のポータルサイトヤンデックスのおすすめメールサービス。最新のメール機能、容量実質無制限、IMAP、POP3、SMTPに対応。アカウント1つでドメインの異なる9つのメールアドレスを利用でき、スマホアプリも洗練されたデザインのものを完備しています。

機能は他のメジャーなサービスと同等以上ですが、メールサーバーやWebサーバーが共にモスクワにしかないのが多少マイナスポイントかもしれません。

Yandex設立と同年にリリースされてから、機能の追加や改善が継続されていて、初期の頃と比較しても随分良くなっています。Ajaxを使いインターフェイスの動作自体は至って高速。SVGのアイコン画像やOAuth2.0(オーオース)の認証といった新しい技術をすかさず取り入れ、巨大なサイトながら頭でっかちでないフットワークのよい運営が印象的です。

Yandexはロシアで一大マーケットを築き上げており、英語圏やGoogle一色の文化とはまた違った雰囲気があります。Mail.ruも完成度が高いですが、ロシアのメールといえば全体的に優れているYandex.Mailです。

英語にも対応していますし、メールですのでさほど難しくはありません。ロシアの文化にちょっとだけ触れてみてはどうでしょうか。

ロシア連邦のメールサービス: Mail.Ru QIP.RU Rambler.ru

良い点

  • 広告が一切付かない。
  • 保存容量無制限。
  • @ya.ru (短いドメイン名。"ya"は英語の"I"の意味。)
  • メールボックスの有効期限が二年。
  • 送信IPアドレスのマスク。
  • 一年以内までの、送信日時を決められる珍しいタイマー機能。
  • ロシアのメールの中では、英語への対応が進んでいる。
  • 独自ドメインでの運用。 (英語: Yandex.Mail for a domain , ロシア語: Yandex PDD)
    待望の英語のインターフェイスと英語のヘルプが利用できるようになりました。1000メールアドレスまで作成可能です。

悪い点

  • 日本語のインターフェイスやヘルプがない。
  • 物理的にサーバーが遠い。
  • ドメイン エイリアスのヘッダには、メインのアドレスも追加されるため、あまり使い道がない。
  • 英語への対応が早かったのと有効期限が長いので、同じロシアのメールと比較してローカルネームの空きが少ない。
  • 送信数制限がやや厳しい。

機能詳細

基本機能IMAP、POP3、SMTP
拡張機能代理送信、他POP3受信、他IMAP受信、自動転送、自動振り分け、迷惑メールフィルタ、署名、自動返信、予約送信、メール検索、キーボードショートカット、メッセージと連絡先のインポート、テーマの変更、モバイル版、デスクトップ通知、エイリアス、メール翻訳。
追加の機能アドレス帳、予定表、ストレージのYandex.Diskその他多数のコンテンツがある。
容量制限

10GB。残り200MBをきると1GBづつ増加するので、実質無制限

1通最大30MBまで添付ファイルは最大25MBまで。それより大きい場合は、自動的にYandex.Diskへのリンクになる。最大10GBまで添付可能。1ファイル10GBまで、添付するファイルの数は制限なし。

アカウント期限メールボックスの有効期限は24ヶ月Legal 2.9.1.
セキュリティOAuth 2.0HTTPS接続、ウィルス スキャン、Yandex.Mail log、SPF、DKIM、2要素認証、OAuth 2.0
ドメイン@yandex.ru @ya.ru @yandex.com @yandex.ua @yandex.kz @yandex.by @yandex.com.tr @narod.ru @yandex.az
スマホアプリ

その他SMS認証でモバイルナンバーをメールアドレスにできる。
15641234567@yandex.com
関連リンク

Yandex.Mail

Yandex

機能補足

アカウント名1-30文字。最も短いメールアドレスは、○@ya.ru7文字になるが、現実的には取得できない。

サポートは、英語のHelpが用意されていますが、基本はロシア語のПомощь(ヘルプ)で若干詳しくなっています。 例えば、Mozilla Thunderbirdの設定方法には、英語版にはない画像が掲載されていて分かり易くなっています。

メール検索は日本語も可能。

Sender information のFrom name(Your name)は空白でSaveできる。

動画の添付ファイルのプレビューには、Adobe Flash Playerが必要。

救済用にモバイルナンバーを登録できるが、SMS通知機能は未実装。

5アカウントまでマルチログインが可能。Gmailと同じCookieによる方式なため、各々ログインが必要なもののアカウント間に直接の繋がりがないので比較的安全。

自動転送は、Message filtersから、条件を付けて設定する。

自動返信と転送機能を使用するには、初回にパスワード入力によるアクティベーションが必要。 Settings → Message filtersWould you like to continue? リンクからログインパスワードを入力。

ログイン

Passport.com

yandex passportのlogin画面

背景画像のないシンプルな画面でログインできます。

アイコンボタンから、Facebook、Twitter、Googleアカウントでもログイン可能です。

Mail.ruはYandexアカウントで利用できますが、Mail.ruのアカウントではYandex.comにログインできません。

Passport.ru

Yandex.ruから、mail.ruvk.comok.ruのアカウントでログインできます。左下の国旗アイコンから英語表示に変更できます。

モバイル バージョン

モバイルデバイスは専用ページが用意されています。ログインした後でも移動できます。

  • Touchバージョンは画面のタップ操作に最適化されています。JavaScriptが必要です。

    Android、iPhone、iPad、Windows Phone
    mail.yandex.com/touch

  • LiteバージョンはJavaScriptなしで動作します。Torなどで回線が遅い場合も自動的にLite版になります。

    Symbianとその他のモバイルデバイス。
    mail.yandex.com/lite

両方ともデスクトップからも利用できます。

セキュリティ技術

Dr.Web アンチウイルスソフトウェアESET NOD32 Antivirusアンチウィルスは、ESET Antivirus。長く使われていたDr.Webから2016年8月より変更されています。メールのウィルスチェックは無効にできません。

Anti-Spam送信するメールにも作用するSMTPも対象になります。

Tor Friendly
Torでのアカウント取得や運用も可能。ロックされるようなことはありません。

Yandex検索など、メール以外は文字入力が必要になるコンテンツもあります。

User Friendly
悪意のある使い方さえしなければ、Yandex.Mailはかなり自由に扱えるメールサービスです。

JavaScriptなしで動作するLight versionへは、フッターのリンクから切り替えできます。

エイリアスは、拡張アドレスの+(プラス)と少し独特なものを利用可能。▶Yandex.Mailのエイリアス詳細

IPアドレスは、Web、SMTPともマスクされる。広告は一切付かない。

IPアドレス
WEB送信SMTP送信
付かない付かない
広告
WEB画面WEB送信SMTP送信
付かない付かない付かない

Webメーラーは、Yamail [ http://yandex.ru ] 5.0。環境変数のHTTPヘッダーは送信されない。

mail.yandex.comのSSL品質はA認証局:Yandex LLC

長い間、A+判定を維持していましたが、2017年1月-4月にSSL Labsのアルゴリズムが112 bitsより少ない鍵の暗号をウィークポイントとみなすよう変更されたため減点されています。Yandexとしては、Windows XPのサポート用に必要なようです。

代理送受信

代理受信は、Import mail from other accountsから設定します。ユーザー名とパスワードによる認証形式で、POP3とIMAPの両方とも対応しています。代理受信を設定したメールアドレスは自動的に代理送信もできるようになり、リカバリー用の連絡先としても機能します。

代理送信は、Sender informationSelect default email addressの項目の一番下。Editのリンクから設定します。メール送信による認証です。

代理送信のアドレスの認証の最後の入力欄は、代理するアカウントではなくYandex.Mailのパスワードを入力します。

Sender informationからデフォルトのアドレスにもできます。送信はYandexのSMTPが担当します。

送信制限

送信制限は『受信者の数による制限』と『送信数の制限』があります。(Limits on sending emails

受信数の合計はBC ,BCCでの受信者の数も含まれ、1日に500通まで。Yandex.Mail for domainsは、1日に3000通。1つのドメインからは5000通の制限が掛かります。

ウェブメールからの送信は50通。クライアントからは35通まで。やや厳しくなっています。

例えば、ブラウザから1通のメールを100人に一斉送信すると、Websiteからの送信数は1、トータルの受信数は100とカウントされます。

たくさん送信する時やメーリングリストを運営しているなら、この数字は覚えて置いた方が良いでしょう。

もう一つは、『アカウントが疑わしい』と判断されると、送信はブロックされることがあります。「疑わしいアカウント」(account as suspicious)は、電話番号を登録していないか、Yandex.Passportの偽名が疑われる場合にフラグが立ちます。

制限を超えると24時間ロックされ送信できなくなります。最後の送信からの時間がカウントされるため、アンロックするには24時間送信の操作をしないようにします。ロックされている間でもブラウザからメールにログインすれば受信は可能です。

国情報をロシアに設定する

他のドメインの5つのアドレスは国の情報をロシア以外にするとWebメールから送信と返信ができなくなります。

国情報をロシア、表示言語を英語にしておくのがよいでしょう。

国名をロシアに設定する方法

  1. 右上のユーザーアイコンをクリック。Passportを選択します。

  2. Edit personal infomation

  3. CountryRussiaTime zoneTokyo(UTC+09:00)にして"Save"します。タイムゾーンの設定は必須です。

    スナップショット作成時、選択肢に東京がなかったため日本と時差のないYakutskヤクーツクを指定しています。

  4. 他のyandexのドメインも選択可能になりました。

CountryTurkey(トルコ)にすると、@yandex.com.tr@yandex.comが使えますが、その他のドメインは使えなくなるので、やはりロシアがベストです。

@narod.ruや他のドメインは、Webメールから送信できませんが、受信は可能です。

代理送信のアドレスの情報は、国がロシアとそれ以外の国で別々に記憶されています。ロシア以外の国で登録した代理送信のアドレスは、ロシアにすると使えなくなり、戻すとまた使えるようになります。

Yandexとは?

Yandexの由来はArkady VolozhArkady Borkovskyらによって開発された全文検索用のプログラムです。

1993年Ilya SegalovichArkady Volozhは、“yet another indexer”の言葉を連想して、略した表現から“Yandex”、さらにYaをロシア語のЯに当てはめ、そのプログラムを “Яndex”と名付けました。

1996年末に、Yandexはロシア語の検索エンジンとして一般に公開されました。

Yandexの企業設立は、2000年。その年の6月26日にYandex.Mailはスタートしました。 ロシア語での表記は、Яндекс.ПочтаПочта = 電子メール)。YandexとMailの間にドットを挟みます。

初期のYandex.Mailは、今とは掛け離れた野暮ったく珍しいだけのメールサービスでした。その期間は長く続き、現在のような高評価なものになったのは、Yandexの歴史全体から見ると、ごく最近のことです。

2005年には、はじめてロシアの国境を越え、ウクライナのオフィスを開設。次いでポータルサイトも公開されました

2009年Yandex.kz(カザフスタン)。2010年Yandex.by(ベラルーシ)を開始。

2010年 3月、Yandex検索エンジンはロシア語以外のクエリ(主に英語)を扱うようになり、Yandex.comが開始されました

2011年Yandex.com.tr(トルコ)のポータルサイトを開始。

2012年 4月、Yandex.DiskをBeta公開。9月に一般公開されました。

Yandex history ancient vector document

これらのYandexの歴史のあらましは、History of Yandexにて確認できます。

アカウントのキャンセル

アカウントは任意に削除できます。アカウント名は6ヶ月後に他のユーザーに開放されます。Yandex.Support
Yandexアカウントの削除

Yandex.Mail logo svg vector yellow envelop
Yandex mail svg logo