India.com Mail - 概要

India@india.com

インドのポータルサイトIndia.com が提供するメールサービス。IMAP,POP,SMTPに対応しています。長い間懸念事項だった通信の暗号化には、2016年に、Webサーバー、メールサーバーともSSLに対応されました。

Webメールのインターフェイスは、フォルダーで管理するスタンダードなもので、英語とインドの4言語のみ。以前はタイムラグが生じストレスを感じましたが、新バージョンの改革でスムーズに動作するようになりました。

ストレージは10GBから必要に応じて無制限。送受信したメッセージには、Web ,メーラーとも広告は付かない。 2010年スタートの比較的新しいこともあり、突然ログアウトされたり未整備なところがある。

メールのページはログイン画面しか表示されないため、アイコンのリンクはHPにしてあります。

良い点

悪い点

  • リンク切れなど未整備なところがある。
  • 横1366pxの固定幅なので画面を狭めると見えない部分がある。
  • 設定が正しく機能しないところがある

機能詳細

基本機能IMAP POP3 SMTPメールクライアントの設定方法
拡張機能他POP3、IMAP受信、自動転送、自動振り分け、迷惑メールフィルタ、受信拒否、署名、自動返信、メール検索、連絡先のインポート・エクスポート、WEBデザインの変更、モバイル版。
追加の機能アドレス帳、カレンダー、タスク。
容量制限10㎇から必要に応じて無制限。添付ファイルは50㎆。
アカウント期限12ヶ月。
セキュリティHTTPS、外部コンテンツブロック。
ドメイン新規は、@india.comのみ。(zmail.com ,timepass.com ,imail.com ,india.com ,tadka.com ,indiawrites.com ,dvaar.com ,takdhinadhin.com)
関連リンク

機能補足

広告の有無
メール画面WEB送信SMTP送信
付く付かない付かない
IPアドレス
WEB送信SMTP送信
付かない付く

広告は右サイドのみ。小さくはないが目立たない。
Webメールの送信ヘッダは非常に簡素で、ユーザーのIPすら追加されない。

メール転送はメール受信による認証が必要。

日本からの利用は、India.comが日本、Webメールとメールサーバーはドイツに接続される。

日本の都市も選択肢にあり、正規にアカウントを取得できる。

他メールのPOP3、IMAPからの代理受信は正常に動作するようになりました。

メール検索は日本語もマッチする。

迷惑メールフィルタは自動振り分けとは別に実装され無効にできない。

迷惑メールを手動でJunkmail folderに移動すると次回からフィルタリングされるはずですが動作を確認できない。

拡張アドレスの+(プラス).(ドット)と-(ハイフン)は全て使用不可。

Indiacom.comは別のサービスです。

アカウントの削除は、Options → Delete Account → Password を入力します。

India.com SVG ベクターロゴ 挿絵
Penske Media Corporation SVG vector Logo