Sify Mail - 概要

Sify@sify.com

Sify Mailは、2014年6月30日に終了しました

インドのインターネットプロバイダーSifyが提供するSify.comは、ニュースとメディアのポータルサイト。同じインドのRediff.comと比べると知名度は高くはないですが、メールについては断然優れています。

Sify.comで運営されるメールサービスのSify Mailは、Google Appsを使用していますので、概要はGmailと同じです。livedoorメールau one メールと異なり、Gmailのlabsやテーマをはじめ、カレンダーやドライブなど、使えるGoogleのサービスが多くなっています。

裏があると言うほどではないですが、利用規約や制限が厳しくなっています。さらに、現在インド在住のインド人用のサービスと明言されており、日本からアカウントを作成できるものの、突然使用できなくなる可能性もあります。

代わりにおすすめ: AOLメール Zoho Mail Yandex Mail

良い点

  • 日本語に対応している。
  • 好きなアカウント名を取得しやすい。

悪い点

  • アカウント取得時に入力しなければならない項目が多い。
  • Sifyのページが不安定で正しく動作しないことがある。

機能詳細

基本機能IMAP、POP3、SMTP
追加の機能アドレス帳、カレンダー、ストレージ
容量制限保存容量は3GB。添付ファイルは20MB、1通最大25MB。データの転送量は3GB/月。
アカウント期限30日以上ログインしないとメールデータ削除。180日でアカウント無効。
ドメイン@sify.comと予備のメール アドレスとしてドメインの異なるメールアドレスが同時に追加される。
@satyam.net.in@sify.in@sifymail.com

機能補足

IMAPについては、記載がないが使用可能。

自動的に予備のメール アドレスとして追加されたアドレスでも受信可能。送信は設定が必要。

アカウント作成時のパスワードはきっちり8文字でなければならない。

Gmailからはログインできない。

ベルトルで描かれたSifyのロゴ画像です。薄いグリーンのバックにゴシック体の英文字で描かれています。
Sify.com SVG Vector Icon Logo