pCloud

Backup & Sync, File Sharing

ピークラウドは10GB無料のオンラインストレージサービスです。紹介制度の利用で20GBまで可能。

インターフェイスが綺麗。最大ファイルサイズや利用帯域を始め制約がほとんどない。ユーザー以外とのファイルのやり取りが柔軟に可能。諸機能も他より多く、一通りそつなくこなしてくれるので何をするのにもしがらみがなく気分良く利用できます。

転送速度は画像のプレビューやビデオの再生時に読み込みで止まることがあり、「もうひと声」と言いたいところですが、画面の動作は速く、全体的には不満のないレベルです。

機能が多いぶんDropboxより簡単とはいきませんが、基本的にはユーザー本位の素直な仕様なので、好きなように使っていればすぐに慣れます。

2013年9月に開始され、歴史的にはまだ日が浅い部類に入りますが、2016年5月時点でのユーザー数は500万人。ほとんど知られていなかった状態から、実力のみで駆け上がってきたストレージサービスです。

アウトライン
保存容量10 GB紹介制度で、20GB程度まで可能。
最大ファイルサイズ制限なし
帯域制限なしリンクからのダウンロードには制限あり。
ファイル共有
FTP×
WebDAV
ダイレクト リンク×
リモート アップロード
世代管理30日間の変更まで。
ファイルの暗号化×
END-to-END Encryption×pCloud Cryptoにて運営。
対応プラットホーム
OSWindows ,Mac ,Linux
モバイルiOS ,Android
アカウント有効期限12ヶ月pCloud - 利用規約
容量無制限プラン×pCloud プランの比較
2段階認証×
紹介制度
サービス開始
APIDevelopers Documentation
ウェブ インターフェース
日本語表示×
Drag & Drop×アップロードは可能
右クリックメニュー×代わりに使いやすいメニュー
フォルダーのアップロードChrome ◯Firefox ,IE ×
フォルダーのダウンロードzip形式。
一括アップロード
一括ダウンロードzip形式。フォルダーも可。
検索機能日本語も可。3文字以上。日本語も1文字扱い。
通信の暗号化
対応ブラウザ
pCloudのベクター画像のSVGロゴ 挿絵を自作しました。ご自由にお使いください。

Description

すべてのカメラブランドRAWファイルのプレビューが可能です。(RAW現像って何?)

pCloudは、2015年2月6日に、ブルガリアからスイスのバール(Baar)に移転しました。
Exciting news – pCloud has a new HQ

事業所
74 Zugerstrasse Str, 6340 Baar, Switzerland

データセンター
アメリカ、テキサス州のダラス。(Data Center

アカウントの有効期限

アカウントは12ヶ月未使用で削除されます。サイトのForeverの記載は消滅しました。

現在の利用規約には、Revised: 11 Oct 2016の記載がありますが、実際にAccount inactivityの項目が追加されたのは、2016年10月30日以降です。

アカウント作成

メールアドレスがそのままユーザー名になります。
アカウント作成時のメールアドレスの認証は必須ではないですが共有リンクを作成するのに必要になります。

認証はいつでもできますが、メールが届かない場合はメールアドレスを変更するすべがないので、そのpCloudアカウントではどうやっても共有機能は使えません。新しいメールアドレスでpCloudのアカウントを作り直すことになります。

一例として、Yahoo!MailはO.Kですが、そのDisposable Addressesでは配送されません。
迷惑メール フィルタに掛かっているだけなら下記を許可すると受信できます。 ( -at-[半角]に変換してください)

認証メールの送信元アドレス
pCloud Notifications <notifications-at-pcloud.com>

WebDAV

https://webdav.pcloud.com/

Carotdavの設定例
webdav.pcloud.com

ポートを指定する場合は、https://webdav.pcloud.com:443/と記述する。

アップローダーとして使う

画像などを素早く公開するのにも適しています。

ファイルを公開

pCloudから画像をプレビュー

2.5MBのファイルサイズの大きい画像ですが、ページはプレビューのためスムーズに表示されます。
画面のサイズに合わせて表示されるのでモバイルでも利用できますが、一緒に読み込まれるjsファイルが、500KB程ありますので、パケット量には注意。画像のファイルサイズは上段に表示されます。

もちろん画面やURLからアカウント名が洩れるようなことはありません。
所有者はダウンロード数を確認できますし、共有の停止も、Delete Linkから簡単にできます。同じファイルを、もう一度共有公開してもURLは異なります。

ダウンロードの操作に迷うことのない分かりやすい画面です。

フォルダーを公開

pCloudからフォルダーをプレビュー

フォルダーの共有は、3種類あります。全ての方法で受取手はpCloudのアカウントを持っている必要がありません。上のリンクは閲覧とダウンロードのみ可能なフォルダーです。

Invite to Folder
Eメールを送信してフォルダーに招待します。送信時にPermissionsを決めます。
読み取り、書き込み、更新、削除の4種類です。共同編集などに利用できます。

Download Link
受取手はフォルダー内のファイルの閲覧とダウンロードが可能です。
メールで複数のファイルを添付するのに有効です。

Upload Link
これはユニークな機能で、誰でもファイルをアップロードできるフォルダーを公開します。
リンクを受け取ったユーザーはアップロード画面が表示されるのみで、他の人がアップロードしたファイルは見えません。
フォルダー内のファイルを見ることができるのは、フォルダーの所有者のみです。

共有リンク先のページは、noindexのパラメーターが付いています。
<meta name="robots" content="noindex">

有料プランのPublic Folderは、ダイレクトリンクやWebホスティングが可能です。

ソーシャル バックアップ

Dropbox、Facebook、Instagram、Picasaと連携して定期的にバックアップを作成できます。
ただし、pCloudに他のサービスへの読み取り書き込みの権利を与えますので慎重な判断が必要です。

DropboxとPiacasはともかく、写真を回収しにくいInstagramや、やや振る舞いが、あやしいFacebookの画像の回収用に使用してもよいでしょう。

リモートアップロードが可能な為、直接のリンクを取得できるサービスが相手なら、この機能を使わなくてもサーバー間でアップロードできます。

pCloud Encrypted Transfer

pCloudは、pCloud Encrypted Transfer サービスを開始しました。()

pCloud Encrypted Transferとは、Eメールに、5GBまでの大きなファルを暗号化、共有リンクとして添付できるサービスです。pCloudのアカウントを持っていなくとも、下のリンクから誰でもすぐ無料で利用できます。

pCloud Encrypted Transferの使い方

pCloud Encrypted Transferの暗号ファイルの送信画面
  1. 上のタブから、Standard Transfer(通常の転送)かEncrypted Transfer(End-to-End暗号化転送)を選択します。

    通常の共有リンクのものは珍しくはありませんが、pCloud Encrypted TransferはMEGAのようにJavascript で暗号化されてから送信されます。 暗号化にはStanford Javascript Crypto Library (SJCL)が使用されています。

  2. 送信するコンピューターのファイルを選択します。

    Add Your Files

    最大5GBまで、1つのファイルサイズは200MBまで、10人まで同時に送信できます。暗号化ではない通常の送信の場合はファイルサイズの制限はありません。

  3. Friend's Email (友だちのメールアドレス)を10人まで指定できます。
    Your Email (自分のメールアドレス)を入力します。

    どちらも、pCloudのアカウントのアドレスである必要はありません。お気に入りに登録しておけば、いつでも必要なときに利用できます。 pCloudらしく、どのような制限もありません。

  4. Encryptedの場合は、パスワードを決めてCreate Encryption Passwordに入力します。

    一定レベルの強度がないと送信時に許可されずツールチップが表示されます。
    Confirm Encryption Passwordに、もう一度パスワードを入力します。

  5. Your private message (optional)からメッセージを付けることもできます。
  6. Transferをクリックして送信して完了です。

受信者はメール本文に添付されたリンクからファイルをダウンロードできます。
送信者は、pCloud Transfer <transfer@pcloud.com>です。
リンクは7日間有効です。有効期限が切れる前に、もう一度確認のメールが送信されます。

有効期限があるため、ファイルの消し忘れやパスワードを忘れた場合でも安心です。

pCloudの料金プラン

2014年9月11日、pCloudの有料プランは大幅に値下げされました。

pCloudの料金プラン
プラン料金(月)料金(年)Lifetime
10 GB無料無料無料
500 GB$4.99$47.88$125
2 TB$9.99$95.88$980

年払いにすると20%安くなるので、2ヶ月分程度お得です。

2TBプランが格段に安くなっています。また、この価格は税金や手数料を含めた最終的な値段です。

Bitcoinでの支払いは廃止されました。(General Help 13

その他に、pCloud Cryptoを含む、5TBからのBusinessプランも用意されています。

1TBプランの他社との比較表
pCloudTeraCLOUDDropboxGDriveMediaFire
無料10GB 1GB2GB 15GB10GB 
1TB/月523円980円1200円1046円524円
1TB/年5020円9800円12000円(12553円)4712円
料金表

(1$ = 104.712042円換算)

比較用に1TBプランのみ抜粋した概要です。pCloudの1TBプランは2TBへ変更されたため単純に2で割っています正確な価格はリンク先の公式ページを御覧下さい。
pCloud以外は、VAT (付加価値税)、消費税、手数料 等が別途掛かる場合があります。
MediaFireは、数年間50%OFFのため、その価格を採用しました。

運営組織情報

運営pCloud AG
Web
設立
所在地74 Zugerstrasse Str, 6340 Baar, Switzerland
CEOTunio Zafer
創業者Tunio Zafer, Anton Titov
e-mailinfo@pcloud.com
TEL+41 43 508 59 48
メディア

pCloudが運営するのSNSは、不定期に更新されユーザーのコメントにも返信されています。Facebookには、よくオフィス内の写真が掲載されています。

オンラインストレージサービスpCloudのVector Icon Logoです。
pCloud Vector Icon Logo